及川徹,読書インフェクション,及川 徹,講談社,週刊少年マガジンコミックス

インフェクション25

1度振り始めた旗は、下ろすわけにはいかない。
間違っていても。

本当にそうか?
今までの犠牲が無駄に…という判断こそが、さらに間違えを引き起こすのかも。

武井宏之,読書シャーマンキング,マガジンエッジコミックス,少年マガジンエッジコミックス,武井 宏之,講談社,SHAMAN KING

SHAMAN KING-シャーマンキング-15 KC完結版

対アイスメン戦。
このあたり、ものすごく丁寧にお話が進んでいます。かきたいことはいっぱいあって、展開のスピードがきっとついて行ってないんだろうなぁと。

そう思うと、今の複数体制でお話が進んで行っているのは悪くないと思います。

市川春子,読書アフタヌーンコミックス,宝石の国,市川 春子,講談社

宝石の国9

仲間を連れて月へ。
月人には、月人の。宝石たちには宝石たちの。そして、先生には先生の事情と気持ちがある。

何をしたってだれかを傷つけずには動けない。動かないことが正解かどうかもわからない。

あの頃には、戻れない。

弐瓶勉,読書アフタヌーンコミックス,シドニアの騎士,弐瓶 勉,講談社

シドニアの騎士13

まあ、その展開もあるかとは思っていたのですが、目の当たりにすると結構とまどいますよねぇ。
でも、周りも谷風ほどてはなくても、けっこう受け入れられているからなぁ。性格は大事ということですねぇ。

和久井健,読書和久井 健,東京卍リベンジャーズ,講談社,週刊少年マガジンコミックス

東京卍リベンジャーズ2

このお話の最大の謎は、物語られていない方のタケミチが、いったい何考えて動いているかですよねぇ。
入れ替わった後も、なんか意図を持って動いているはずなのですが、そこがみえなくてちょっと気持ち悪い感じがします。

島本和彦,読書ビッグバンプロジェクト,マンガ,ワンダービット,島本 和彦,島本和彦 漫画全集,SF

ワンダービット4 熱血SF短編集 怪奇カメムシ男(下) 島本和彦 漫画全集

カメムシ男、出てきません。
このあたり、多分、「ログイン」で読んでる。
古くならない面白さがあります。そして、元気が出る。

わたしが、島本マンガに求めるのは、元気がでることです。

灰原薬,読書バンチコミックス,伊勢物語,応天の門,新潮社,灰原 薬

応天の門15

けっこう、追いついてきたぞ。
そして、お話もなかなか、きな臭くなってきました。

まあ、巻き込まれていくわけですねぇ。
道真のセリフが、超かっこいい。なんか、決意したという感じです。

松本零士,読書宇宙戦艦ヤマト,松本 零士,eBooksJapn Plus

宇宙戦艦ヤマト3

つくづくホンマに物語の後半って、松本 零士にとっていらないんやなぁと(笑)
凄いところで終わります。

そして、「新ヤマト」はやる気があっても、この続きはする気まったくないもんな。

梅田阿比,読書クジラの子らは砂上に歌う,ボニータ・コミックス,梅田 阿比,秋田書店

クジラの子らは砂上に歌う14

さて、ここにあるのは物語だ。
そして、この物語はフィクションだ。

では、キミの中にうまれた情動はフィンションか?

平井和正,読書,NN平井 和正,幻魔大戦,extra幻魔大戦,NN

extra幻魔大戦6

ニューヨークでの戦いを除くと、「幻魔大戦」中最大のサイキックバトルが展開する6巻目。
いや、手、つないでるだけで終わるんですけどね。

でも、これ迫力があるし、かなり平井 和正の実体験だったみたいな話を聞いたことがあります。