栗本薫一覧

奥様は魔女

恐怖の霧 グイン・サーガ90

グイン・サーがも、もう90巻ですね。すごい。

ヴァレリウス。わたしは、ナリスとくっつく前の「陰気な剽軽者」の彼が好きです。いい人なのは、相変わらずですが。元気になることはあるのでしょうか。

グイン。グイン・サーガの主な登場人物のなかで、この主人公だけが、あんまりおもしろい人間ではないんです。でも、今回みたいに、シルヴィアとのことがあると、この人もけっこうおもしろいかな。
でも、どうも、この人がシルヴィアと一緒にいるのは、義務感という気がしてなりません。モラルも高いから。
切り捨てるときは、さっさと切り捨てそう(「7人の魔導師」では、浮気してたしねぇ)。

ケイロニアの人たちが、「夢の回廊」の術をかけられて、みんな頭まで筋肉だったので、とってもいい気分になっていたのには、笑いました。
わたしゃ、ケイロニアには住みたくないねぇ。


うそつき

魔宮の攻防 グイン・サーガ91

だいぶ謎がとけてきて、グイン・サーガは、ファンタジーというより、SFになっていくのだなぁと。

もともと、ヒロイック・ファンタジーは、SFという説もありますが。


表紙の人はヨナ

復活の朝 グイン・サーガ92

題名が「復活の朝」。
ナリス復活とかならヤダっとちょっと思ったりして。さすがにそれはないか。
↑ 次の外伝でちゃっかり復活(?)していました。

なにが復活するのかなぁと思って読んでたので、表紙のイラストは、最初、レムスだと思っていました。
それにしては、元気そうだなぁと。
でも、よく見るとアンクとかかけてるし、きっと、ヨナですね。

ヨナとイシュトというのは、グイン・サーガのなかでも、特に大好きな2人組です。
人にグイン・サーガを勧めるときは、かならず「ヴァラキアの少年」を読ませています。
だから、今回の展開は(というか、パロで再開してからの2人は)、ちょっと悲しいなぁ。
まあ、今回はまともに会話ができたので、よしとするか。
今回のエピソードを読んで、やっばり、2人の会話はなかなかによいなぁと思ったのでした。

ヨナみたいなやつが、いつも、イシュトについていればなぁと思います。


題名長いッちゅうんじゃ

消えた女官 グイン・サーガ外伝18 アルド・ナリスの事件簿1

なんか、外伝の外伝みたいなお話です。
おもしろくないとはいいませんが、やっぱり、この主人公嫌いだなぁ。
この頃のデューンは、とってもかわいらしいと思いますが。

「とてもひとくせもある、とても人を呪ったりうらわんだりする心の強い、ねじけた心をもったむすめに育ってしまった」

あんたにだけは、そんなセリフ言われたくないやい。


登場人物、少ない

熱砂の放浪者 グイン・サーガ93

この巻の登場人物は、なんと4人!!
しかも、むさいおっさんばかりでした。
あっ、オバケもいちおう登場していることになるのかな。


謎がだいぶん

永遠への飛翔 グイン・サーガ94

謎がだいぶんとけてきたという感じですね。
うむ。やっぱりヒロイック・ファンタジーというのは、SFに向かっていくのか。


そんなかわいいものではなく……

初恋 グイン・サーガ外伝19

はじめちょっと、「椿(カメリア)館の三悪人」みたいな話なのかと思ったのですが、アリド・ナリス、この人にかかれば、そんなカワイイ話になるはずがなかったですね。
あと、マリウスって、グイン・サーガが開幕した時点で、もう家出してたんですねぇ。

さすがに、90巻越えて、忘れていることも多いです。


マリウスとイシュト

ドールの子 グイン・サーガ95

久方ぶりに、マリウスに爆笑させてもらいました。
でも、ある意味、「自分」を探しているキャラクターの多いグイン・サーガのなかで、「自分」というものを1番よく知っているのは、マリウスなのかもしれません。
そして、ヴァレリウスは、いい人だ。

イシュトは、なんだか、すごく真っ当なことを言っているような気もします。

どっちにしろ、子どもは、大変だなぁ。という話。


がんばれグラチー

豹頭王の行方 グイン・サーガ96

ちょっと、リンダは、ほめられていますが、なんかわたし的には、計算高くなったなぁという感じがしなくもない。


マリウス

ノスフェラスへの道 グイン・サーガ97

実は、マリウスは、けっこう好きです。
ということで、今回は、ちょっと名誉挽回の巻でした。

ただ、あの詩は、あんまりにも解説しすぎで、ちょっとおさえた方がという気がしました。