永井豪一覧

捨てるもの…得るもの…

降魔伝手天童子7

もとの「手天童子」もインナースペースの物語でしたが、こっちの「降魔伝」がここまで、心に関するお話になるとは思っていませんでした。

ただ、こっちのお話だと、どうして童子が生まれてきたのかというのは、謎のままのような気がしますねぇ。
それから、結局、マキの存在そのものも謎です。如月さんところの娘と同じ人になるのかと思っていたのですが、そうでもなさそうです。

でも、いろいろな謎が解けるだけが、物語の終わりではないですね。
こういう余韻のある終わりも、折に触れ思い出したりして、よいものです。
永井豪らしくもあるしね。


全開!

けっこう仮面1 美しき勇者!けっこう仮面

「キューティーハニー」は、まだ、ハードな設定があったのですが、こっちの方は、もう、本当に好き放題ですね。
元が、読み切りだったからでしょうか?

まあ、基本パロディなので、元ネタとかは古くなるのですが、それでも、今読んでも斬新というか……もう、永井 豪しかできない世界が全開です。


パロディ

けっこう仮面2 転校生は媚薬の香り

毎回、なにかの物語のパロディになっていて、オチのパターンが決まっているところが、けっこう、当時としては、新しかったんじゃないかと思います。


輝く季節の中で

けっこう仮面3 美しき獲物たち

最後のオチのわけのわからなさが……。すごい。

そして、最終話は、「輝く季節の中で」。1978年代に、この感覚ですよ。
つくづく、後世に、影響をあたえているなぁと。


燃える瞳は原始の炎!

新バイオレンスジャック 上

今のととのった絵よりも、昔の荒い絵の方が、あのナレーションにはあっているような気がするバイオレンスジャックです。

もう、1回終わっちゃっているお話ということで、キングの正体は……金髪だから……あの人ですね。とか、そのあたりの謎は、無いに等しいのですが、繰り返しのお話としても、とてもおもしろいです。

悪役に、ウルヴァリンとサイバートゥースのそっくりな人がいたり、蜀軍がいたり、笑わせてくれるわ。この節操のなさが、すごいなぁと思います。

 


天使の悪夢に終わりは来るのか?

新バイオレンスジャック 下

うーん、終わり方が若干未消化かなぁ。
これは、「バイオレンスジャック」に組み込まれる物語ではなくて、「バイオレンスジャック」の後に続いていく物語になるのかなぁ。

潮……ってだれだ?
ケルベロスにのっている美樹のイメージは、なんだろう、「魔王ダンテ」のイメージでそんなのがあったかな?

まあ、「デビルマン」、「バイオレンスジャック」ラインのファンですら、けっこうおいてけぼりを喰らっていますので、はじめてコレ見たことには、さっぱりわからんと思います。

でも、なんとなく、おもしろい……この世代のマンガ家の凄いところです。

永井 豪,ダイナミック・プロ
メディアファクトリー
発売日:2010-07-23
 


男の星座

激マン!1

永井 豪版、「男の星座」。

そういえば、「男の星座」って、漫画ゴラクだったような。「バイオレンスジャック」も、完結は、漫画ゴラクだったし。
漫画ゴラク、渋いな。

いきなり「デビルマン」からはじめていますが、それ以前のハレンチ大戦争あたりもかくことあるだろうとか、いろいろ思ったりします。
時代順ではなくて、作品別に物語が進んでいくのかな?


デビルゲッター!!!

デビルマン対ゲッターロボ

ゲッターロボは、今となっては、やっぱり石川 賢のものなかのなぁという気がちょっとする。

しかし、これ、大昔の東映まんがまつりかなにかのために、かかれたものかとおもっていましたが、2010年の作というのが、凄いな。
もしかすると、石川 賢への鎮魂歌としてかかれたものなのかな?


リライト

激マン!2

週刊誌連載3本とか、4本とか、ほんとうにすごいですよねぇ。
絵のクオリティが今の時代ほどもとめられていない時代とはいえ、むちゃくちゃなのは確かです。

しかも、そこから、傑作が生まれているという。
このパワフルさ。時代が生み出したものなんでしょうか?

ところで、「少年ヨンデー」に無茶言ったシーンは、上手にスルーしたな(笑)
これが、年齢と共に手に入れたテクニックか?


ダメでしょう?

激マン!3

いやー、これは、ダメだろう。本当に、何考えてるんだか……。
というか、なんも考えずに、本能のままにかいてるというのが良くわかるエピソードだ。

でも、次に「デビルマン」の完全版が出る時は、こっちに差し替えになったりしたらおもしろいなぁとも思ったりしています。

デビルマンに、打ち切りなんて話があったのは、はじめて知った。まあ5巻で完結は、当時でも短いか。
その分、ぎっしりつまった感じ。

もしかしたら、あの奇跡のラストも、打ち切りのせいかな?
「凄ノ王」の奇跡のラストも、そんな感じだったよねぇ。
(そして、続きをかいたことで蛇足になっちゃったのは秘密だ……いや、あれまだ終わってないから)