新潮社一覧

バディ

応天の門1

なんか、夢枕漠の「陰陽師」を読んでいるような雰囲気です。バディ物だしねぇ。
でも、不思議なことが起こるわけでない、なんだろう、ジャンルとしてはミステリーかな。

いいなぁ、これ。ずっと、本屋で見かけてすごい気にはなっていたのですが、読んで正解。


チキン・ラン

とりあたま炎上 忖度無用のチキンレース!編

割と1年に1冊ずつ読んでいるので、世間とのズレは少ないです。

小粒なネタが多い気がするのは、ちょっと世間から離れて生活しているからかもしれない。


読んだ後でも、読む前でも、辛い気が

三国志ナビ

新潮版吉川三国志の別巻。

まぁ、薄いあらすじとキャラの羅列とかがおもしろいかというと……。

「図解・制度とアイテム」は、ちょっとおもしろかったです。


どんなに時が過ぎても 褪せないものだけを

三国志10 五丈原の巻

吉川三国志、完結。
しかし、この人、孔明死んでからほんとにやる気無いな(笑)

まあ、孔明が主人公のお話としては、これでいいのかなとも思います。どうしても後半、魅力的な人が少なくなるというのもありますしねぇ。思い入れも。


モンスターだらけの毎日だけど

とりあたまGO モンスター襲来!編

「週刊とりあたまニュース」の第5弾。
2015年から2016年まで。

「ゴジラ」とか、「アドラー」とか、「生前退位」とか、ホンマに結構最近です。というか、まだ、やっとる問題もあるなぁ。

1カ月前ですら、アホかと思うのに、もうそんなに無理を通して当日発表にしたいのなら、元号なんて使わなくなったらいいのに。というか、そのための当日発表か?モンスターだらけだなぁと思うこの頃。