眉村 卓一覧

俺の名前はいぬしんめい(オイ!)

狼男だよ アダルト・ウルフガイシリーズ1

懐かしいアダルト・ウルフガイ・シリーズ。
すごく面白いと思うし、すごく好き。ただ、わたしとしては、残念なことがあって、これを読んだ中学生、高校生の頃は、角川文庫版で最初に読んだのが、「人狼戦線」だったことです。
これ、多分、文庫にするにあたって、「アダルト・ウルフガイ・シリーズ」は、角川文庫からでるぜ。最新刊をまず出しちゃうぜ的なアピールだったんだと思います。

で、ものすごく素直に、なにも調べずに、角川文庫で出た順の「人狼戦線」から、読み出したわけです。
まあ、他にも色々シリーズ読んでいたけど、たいがいこの頃読んでたのって、1冊完結で次に影響しないのが多かったのです。そして、このアダルト・ウルフガイ・シリーズって、あらすじ読んでも、1冊完結の連作ものにみえたし。すくなくとも、「幻魔大戦」みたいに、続いていく話ではないなぁと思った。

でもこれ、読んでる最中、前のアダルト・ウルフガイ・シリーズを読んでいなくても気づきました。これは、長い物語のターニングポイントの物語だと。
前の読んどかなくちゃダメだと。
これはこれで、ものすごい傑作なのですが、それは、今までとは違う能天気なウルフではない。もうかえれないというお話なんですね。

で、そんな話を読んだ後で、1巻からの「狼男だよ」に戻って読んだのですが、先になにが起こるかわかっているので、けっこう、うーんという感じだったんですよねぇ。

で、あんまし、アダルト・ウルフガイ・シリーズの印象は少ないという。そして、多分、「人狼戦線」にたどり着いたところで、読むのを止めているという。

今回、キンドルで安売りしていたので、思い出して購入。
アレクサに読んでもらいました。

まあ、アレクサに読ませると、漢字の読みとかで変なところ1はあるのだけれど、けっこう、こういう字面だなと想像しながら聞けば、大丈夫ですよ。

昔読んだときは、あとがきで作者が、残虐すぎるという読者からの手紙に、「もっと、リアルに残虐にかけるようにしたい」みたいなことを書いていて、えー、そんな目を背けるほど残虐かと思った記憶があります。
でも、今読んでみると、けっこう残虐。多分、そういう痛みについては、昔より今の方が敏感に感じるのではないかと思います。
まあ、声に出して読まれたのを聞いているので、その辺りの印象の違いもあるのかもしれません。たしかに、イタそうな描写だわと思いました。
あと、声に出して読まれると、エロいね。まあ、特に最初の方の巻は、がんばっちゃってる感じかもしれませんが。まあ、さすがは、エロスとバイオレンスな小説の元祖だなぁと。
まあでも、この世代のSF作家って、けっこう、性的なものを書いている気もします。眉村 卓にも「わがセクソロイド」とかあったしねぇ。あれはあれで、デモものすごく生真面目な小説でもあって、好きなんですけどね。眉村 卓は、昔集めていた文庫を処分したのは失敗だったかもと思っています。
半村 良とかも、伝奇ものとかは、けっこうエッチっぽいイメージです。

平井 和正と半村 良が、エロバイオレンスの元祖みたいな感じですしね。

まあ、今回、実は、「人狼戦線」の内容も、もうすっかり忘れていて、新しくアダルド犬神 明に出会った感じで、おもしろかったです。
なんか、敵がどんどん大きくなって、エスカレートしていく様子も楽しめました。

  1. 「生意気」を「いきいくじ」と読んだりという感じです。 []

2010年のSF

結晶銀河 年刊日本SF傑作選

前巻から、3年以上かかってしまいました。
ほぼ10年前。10年前なんて、ついこの間のことのようです。なんか、一種SF的な時間の流れの中を生きている気がします。

伴名 練「ゼロ年代の臨界点」とか、山本 弘「アリスへの決別」とか、わかりやすいのが好きです。月村 了衛「機龍警察 火宅」とかもハードボイルドで悪くない。

でも、西島 伝法「皆勤の徒」とかは、意味も、なにがおもしろいかもさっぱりわからないのでした。いやぁ、これ、苦しかった。

大森 望,日下 三蔵,
冲方 丁,小川 一水,上田 早夕里,津原 泰水,白井 弓子,月村 了衛,瀬名 秀明,円城 塔,伴名 練,谷 甲州,山本 弘,長谷 敏司,眉村 卓,西島 伝法
東京創元社
発売日 : 2011-07-27

誤解していたこと

サンリオSF文庫総解説

ちょうどわたしが、SFを読み始めた頃に出てきたレーベルです。
SFといえば、ハードなのが早川書房と東京創元社で、アニメのノベライズ的な1っぽいのが、朝日ソノラマ。そして、角川書店とか新潮社に、日本のSF作家みたいな印象。そして、新潮は文学寄りで、角川はキャラクター寄りみたいな印象が残っています。正しいかな?まあ、今の記憶です。

で、わたしは、本の楽しさというのは、星 新一から知って、そっから、眉村 卓、平井 和正と日本の作家に広がって、ライトな方とハードな方の両方に行きました。そんなときに出てきたのが、サンリオSF文庫でした。

印象はねぇ、当時のわたしとしては、表紙があり得ないと思っていました。怖かった。特に、「ヴァリス」の表紙が印象に残っているのですが、見てはいけないものを見ている感じが強かったです。そんな中に、なぜか、竹宮 惠子とかマンガ家の表紙がある。
そして、値段が高い。なんか、けっこう薄い本でも、平気で700円とか800円とか、1000円超えとかしていた記憶が。
当時、高い文庫本でも、500円ぐらいでなんとかなったのに、サンリオだけは高かった。

ものすごく誤解していたのは、サンリオSF文庫って、弱小だと思っていたことでした。だから、けっこあうあっという間になくなっちゃったし、値段も高いのだと思っていました。
まさか、大資本で、めちゃくちゃな金額で翻訳権を買いまくっていたというのは、この本を知るまで知りませんでした。

この紹介を読むと、サンリオ亡き後も、けっこう、いい本は、後から他の出版社から出てますね。
アンナ・カヴァンの「氷」とかも最近出たし、フィリップ・K・ディックなんかもほとんど出てるのじゃないかな。ヴォンダ・マッキンタイアは、けっこう早くに出てた記憶があります。
よい本は、なんどでも蘇る。

でも、この1回目の翻訳がなかったら、その復活もなかったかもしれない。そういう文庫レーベルだったのだと思います。

  1. 今でいうラノベ []

ちゃんと続きが出ますように

日本SF全集1

解説だけ先に本になっていた「日本SF全集」がとうとう、発刊!!

本当ならやっぱり、1人1冊の全集が読みたかったところですが、それだとお値段的にも、場所的にも、購入すら怪しくなるので、これでいいのかな。

やっぱり、星 新一、平井 和正、光瀬 龍、半村 良、眉村 卓あたりは、文句なしに面白い。というか性に合います。

まあ、この辺の小説が、今の私の好みを作ったので、当たり前といえば当たり前なのですが。

この本を読まなければ、読めなかったいろんな人の物語が読める。全集とかの良さは、そういう思わぬ出会いにあります。
今回は、今日泊 亜蘭の作品が、そんな感じで出会えて良かったです。

日下 三蔵,
星 新一,小松 左京,光瀬 龍,眉村 卓,筒井 康隆,
平井 和正,豊田 有恒,福島 正実,矢野 徹,今日泊 亜蘭,
石原 藤夫,半村 良,山野 浩一,石川 喬司,都筑 道夫
出版芸術社
発売日:2009-06-25
 


本物、作って!!

日本SF全集・総解説

本当はない「日本SF全集」の解説を集めた本。
これは、楽しかった。日本SF史にも、なっている1冊です。
おもしろいわ、コレ。

でも、こうやって見ると、わたしは自分がSF者だと思っているけど、実はたいしたことないのが良くわかりますね。だいたい年代別に3期に分けて解説してありますが、どの時期にも、何人かは、「誰それ?」という人がいます。

比較的、第1期の人は、みんな知ってるし、何編かは読んでいる人が多いです。
星 新一、眉村 卓、平井 和正は、特に好きで追いかけていました。他の人も、けっこう代表作を外していることがか今回わかりましたが、まあ、読んでます。
今日泊 亜蘭と広瀬 正は、名前しかしらないけれど。
広瀬 正は、SFの人だったとは知らなかったです。

第2期の人は、名前はしっているけど、ほとんど読んだことがない人ばかりでかさす。
山田 正紀と川又 千秋ぐらいですねぇ。でも、この人たちも2、3作品を読んだぐらいです。
山尾 悠子、鈴木 いづみ、石川 英輔あたりは、全く知らない。

第3期が、新井 素子から始まるのは、とっても正しいなあと思いました。
新井 素子、夢枕 獏、高千穂 遙、栗本 薫、田中 芳樹、笠井 潔、野阿 梓、菊地 秀行、大原まり子あたりは、今は追いかけきれていない人もいるけれど、大好きです。
でも、式 貴士って、誰よ~。

あと、この本の作者の日下 三蔵っていう人も、しらいな(笑)
でも、グッジョブ!!

でも、世の中には、知ってる人でも、知らない人でも、おもしろそうな小説はいっぱいあるっていうことですね。
そして、こういう全集を読むと、そういう意外な発見があったりして楽しいです。

ぜひ、この全集出して欲しいです。

でも、1600ページか~。文庫で出ることはないなぁ。