新潮社一覧

オーロラの降る夜 わたしは祈るの

三国志5 孔明の巻

いよいよ、孔明登場。
ということで、孔明の巻。
でも、前半はほとんど関羽が劉備を探してすれ違うお話です。孔明が出てくるのは、この間のもう最後です。

新潮文庫版の三国志が全10巻なので、本当に丁度真ん中から出てくるんですねぇ。


わたしはきっと しあわせになれるわ あなたが生きている限り

三国志4 臣道の巻

あぁ、楽しい。
多分、始めて読んだときよりも、ずっと楽しい。

多分、歴史物って、そういうある程度の知識を必要とする物なんだなぁと改めて思いながら読んでいる次第です。


時代の息づかい

プリニウス2

1こ1この細かいエピソードや、描かれた絵の中に、メチャクチャたくさんの蘊蓄が入っていそうな感じが半端ないです。
それを読み取る力がないのが、くやしい。

でも、その時代の息づかいが感じられそうな話です。


好きなら 好きと 言えない心に 人はいつも 苦しむの

三国志3 草莽の巻

このあたりから、劉備が全然出てこなくなって、呂布の動きも見えにくくなり、なんか知らん人ばっかりでちょっと中だるみな感じを感じたような記憶があるのですが、今、読んでいると、知っている人ばっかりというか、けっこう有名人ばっかりでているなぁと……。
昔は、人形劇以外で「三国志」しらなかったので、読むための基本的な教養が足りていなかったというのが良くわかります。

知れば知るほど面白くて味があるのが、歴史小説ですな。


とどかぬこの気持ち わたしは耐えてるわ

三国志2 群星の巻

はじめて読んだ「三国志」が、吉川 英治でした。
30年以上前か??

実は、呂布って、吉川版では、そんなに悪者ではないなぁ。ちゃんと、愛すべき好漢としてかかれています。
もっと乱暴者のイメージがあって、ちょっと意外でした。