永井豪一覧

今日もどこかで デビルマン

デビルマン1 画業50周年愛蔵版

永井 豪、画業50周年だそうです。
まだ、現役でかいてるもんなぁ。素晴らしいです。

まあ、家に何冊デビルマンがあって、購入するのはいったい何冊目のデビルマンなんだという話はあるのですが、良いものです。


了、暴走

デビルマン2 画業50周年愛蔵版

最新アニメの「デビルマン」は、見てないです。配信だったしなぁ。でも、「Cutie Honey Universe」は見ています。

対デーモン戦に入ります。
シレーヌ、ジンメンと、凄い話が続きます。
そして始まる飛鳥 了の暴走。

「激マン」で、本当はこうかきたかったけど、時代の制約で……みたいな話があって、それなら、そっちでかいたのをこれに合体させたらいいのにとちょっと思ったけど、それは、今でもNGだったのかな。
まあ、その判断は、正しい気がしますが。


恐怖と狂気

デビルマン3 画業50周年愛蔵版

絵柄が急に変わること自体は、それほど抵抗ないのですが、ここに「新デビルマン」をぶっ込んでくるのは、ちょっと間延びするよなぁと思ってしまいます。「ジンメン」のトラウマは、早い方がいいと思います。
そして、ここにぶっ込むことで、「新デビルマン」のエピソード自体も、消えてしまう話も出て来ているからなぁ。ニケの話とかは、けっこう好きなんですが、それこそ、ここに入れたら間延びします。


闘争本能

デビルマン4 画業50周年愛蔵版

前半のジンメンとこのゼノンの宣戦布告からの後半戦が、デビルマンの真骨頂だと思います。

もう、名シーン、目白押しです。
歴史に残る名作。


ハルマゲドン幻想

デビルマン5 画業50周年愛蔵版

わたしが、1番最初にふれたハルマゲドンって、これだったのかなぁと。
「幻魔大戦」は多分、後だしねぇ。

多分、このマンガに出会ったことで人生は変わっていると思います。どうかわったかは、神ならざる身なのでわからないですが。
でも、出会えてよかったと思えるマンガの1つです。


破邪炎滅の名の下に

ケルベロス4 Satanikus ENMA

最後は、バトルパートで、突き抜けた感じです。
もはや、エンマくんとは関係ない世界に行ってしまった気もしますが。

まあでも、最後、大見得を切って終わるところは好きです。
まあ、昔のエンマくんがそんなこと言ったかどうかはともかくとして。


無敵の力は ぼくらのために

激マン!マジンガーZ編3

なんというか、このノリノリの「マジンガーZ」と、重たい感じも多かった「デビルマン」が同時期に連載されていたというのを目の当たりにすると、やっぱり天才としかいいようがないです。
「マジンガー」やっていたら、「デビルマン」に戻れなくなったというのも、リアルなんだろうなぁと。


ジャンボマシンダー

激マン!マジンガーZ編4

ジャンボマシンダー。
おぉ、懐かしい。
ロケットパンチするやつ欲しかった。

うーん、なんかうちにも1つあった気がするのだが。レッドバロンは、安チャンの家にあったし、多分、マジンガーZではなかったし……。
うーん、ゲッターロボだったような気がする……。

ということで、おもちゃとアニメは、切っても切れない関係にあるんですね。そして、これがそのはしりだつたのがわかります。

まあ、人が乗って動かす巨大ロボットじたいが、初だったのですが。