2013年04月一覧

もうすこしがんばりましょう

宇宙の瓶づめと猫と箱庭

こ、これは面白そうなにおいがする……と、期待して買ったんですよ。

でも、なんか、おもしろそうな雰囲気はあるんだが、期待したほどではなかった。う~ん。
この中二感は嫌いでないけど、これで絵が、このすごく濃厚ならよかったのかな。
川原 由美子とかの。もしくは、ものすごく簡素な絵かな。西島 大介的な絵だと受け入れられたのか?そうすると、不安定さも消えて微妙?

それとも、セリフ運びの白々しさがダメなのか?
うーん、次はないかなぁ。


文化の秋

銀の匙 Silver Spoon 5

頼られるということが、人を成長させたり、やる気にさせたりするというのは、ありますね。
背伸びしていくことで、本当に背が伸びていく。

まあでも、倒れないように。


序章で、ちょろっとだけでした

手塚治虫が生きていたら電子コミックスをどう描いていただろう 大塚教授の漫画講座

いつものキャラクター論で、それはそれでそれなりにおもしろいです。

で、おもしろいのですが、題名の話を期待していたので、ちょっと期待はずれ感がありました。
そして、多分、わたしにとってピッタリなのだが、今の読者からは作品が古くなりつつあると思う。明らかに。

古典に古典としての価値があるとしても、もうちょっと、今をいれてきてもいいのかも。


超・妄想力

川端康成 ちくま日本文学全集47

多分、「伊豆の踊子」とか読んだのは、高校時代です。
このぼかしてあるところって、エッチな意味なのかなぁ……。いやいや、文学なんだから、そんなことはないのか……。とか悩みながら読んだ記憶が。

で、この本には、その「伊豆の踊子」は載っていないのですが、これを読んで確信しました。多分、あのときわたしが妄想したことと、川端 康成は同じことを想像していたに違いないと。

え~と、何というか、年老いて、なお妄想力のたくましい人というのは、あきれるけどすごいということか。宮崎 駿もそうだけど。
「山の音」なんて、息子の嫁にひたすらエッチの妄想をかき立てられるというだけのお話です。そして、なにも起こらないところが、文学なのか?


ステレオタイプ

アイスエイジ8

なんか、本当にいやな感じに見えた方がいい人を、いやな感じにかくよな~。
物語的には、○なんだが、ちょっと、それは単純すぎるのではないか、う~ん、と思ってしまったりもします。

ステレオタイプな人間をかかなくても充分物語を進めていけるはずの人なのにと思ってしまうんだな。これは、ちょっと贅沢なのかも。