大暮 維人一覧

世界の仕組み

バイ オーグ・トリニティ4

世界の仕組みが見えてきた感じのする4巻目。
主人公も、今まで以上にアクティブな感じになっていてよいです。


蕩れ

化物語3

どんでん返しの後に、もう1回あるどんでん返しが、ものすごく気持ちよくはまった感じです。
そういう意味では、推理小説っぽいかもと思ったりしました。

アニメ版もみたのですが、ほぼ同じ展開で、けっこう細かいとこも同じで、ということはこれって、けっこう原作通り?これを文字でどう表しているのかは、けっこう気になります。


穴は心に

バイ オーグ・トリニティ3

話は、はるかに「化物語」の方が面白いのですが、絵的にはこっちの方がかっこいいですね。
なんか、いろんなものが融合している感じが、今時のデビルマンというかなんというか。


極めてメンヘラ

化物語2

この戦場ヶ原 ひたぎがとてもカッコいいし好きですが、これ、原作もこんな人なんだろうか。こんな人が、小説の中で存在しうるのだろうかと、すごい原作読みたいです。

西尾 維新の本を1冊も読んでないからなぁ。中2全開で、カッコいい感じなんだろうか。


解りっこない

化物語1

西尾 維新の物語は初めて。
大暮 維人は、まだ「バイ オーグ・トリニティ」が全然読めていないのですが、こっちの方がおもしろそうな感じがします。

原作にどれぐらいそっているのかはわからないのですが、絵と物語もとてもあっていると思います。原作ありだと、コントロールもできているのでお話も安定している感じ。まあ、大暮 維人は、暴走も魅力だと思いますけどね。

結局、神様が何考えているかなんてもんはわからない。そこにある力に勝手に解釈をつけているだけ。この世界観は、すごいカッコいいですねぇ。

原作も読みたくなったけど、このシリーズは文庫にはなってないのかな。