長池 とも子一覧

乱世の恋

鳳凰の恋 三国志異聞

この人の作品に「破龍」という三国志の話があって、その番外編的な感じかなぁ。曹丕が主人公です。
ただし、「破龍」は、もう売ってない様です。

少女マンガらしく、ラブ中心です。


これは、新しい解釈だ

破龍5 三国志烈伝

破龍の最終刊。
赤壁の戦いで終わりです。

最後は、孔明の話になってしまいましたね。

うーん、曹操だとこのスタイルでは入りきらない感じがあるからなぁ。

しかし、風を呼ぶための儀式が、孔明から曹操へのメッセージだったというのは、なかなか、かっこいい解釈だと思いました。

今回、いちよう完結ですけども、このスタイルなら、また続きもかけそうな気がします。
作者に熱があるのなら、ぜひ、続きを見てみたいですね。


曹操の方が、1枚上手

破龍4 三国志烈伝

今回は、放浪中の孔明が、呉、魏と移って、それぞれの国で軍師めいたことをするお話。もちろん、最後の落ち着き先は、蜀です。
孔明の目を通した、それぞれの国の君主たちという感じです。

江東は、爽やかに。曹操は、あくまで厳しく。劉備は、人情深い。ということで、かなりオーソドックスな感じですが、「孔明がそこにいる」という大きな嘘がうまく絡められている感じです。 

まあ、「破龍」という題名からしても、曹操と孔明なら、曹操の方が、1枚上手という感じですね。
けっこう、あっさり曹操に負けてます……。


この作者が好きなのは…

破龍3 三国志烈伝

これで、魏・蜀・呉と三国そろいました。

こうやって読んでみると、この作者が1番好きなのは、曹操のようですねぇ。
悪者だけど好きなのねという感じ。

しかし、この時代がばんばん飛んでいくかき方は、けっこう、かいている方にとっては、楽かもしれない。
楽しいところだけかけばいいから。

でも、説明不足になるので、難しいか?