鋼の錬金術師一覧

ゆるふわやおい

うさぎ装束

最近、「鋼の錬金術師」の荒川 弘人とか、「結界師」の田口 イエロウとか、意外な人が(わたしの中でですが)女の人だという事が判明しています。

そして、この本を読んで、多分、釣巻 和も、女の人だとわかった……と、思う。多分……。

微妙な感じのやおいっぽいお話で、雰囲気はいいです。微妙に、わかりにくいテイストは、釣巻 和らしいといえば、らしい。


カーテンコール

鋼の錬金術師27

鋼の錬金術師、完結です。

きれいにまとまったなぁという感じです。雑誌で読んだ人は、最終話は、たしかにもどかしい感じがしたのかも。でも、コミックにまとまって読むと、これ以外ありえないぐらいきれいな終わりです。

ちゃんと、物語の中で、主人公たちが、体も、心も成長しているところが、とってもいいなぁと思います。


大地の力

鋼の錬金術師26

あと1巻で完結。
この巻を読んだ限りでは、かなりきれいにすべてにケリがつきそうな感じです。今までの伏線が、どんどん回収されていく感じです。
ホムンクルスのやりたかったことも、ものすごく明確になってきました。

ものあがって、「急」な感じの終了なのかなぁ。ぜんぜん、雑誌を読んでいないので、けっこう楽しみです。


真理が求めるもの

鋼の錬金術師25

人柱がそろって……どうなるんだろう?
まぁ、かなり無理がある方法をとったということで、そのあたりに攻略法があるみたいです。

ところで、肉体と精神で、別々の意識をもっているのかな?
肉体の方は、何かに動かされている?


農家の青春

百姓貴族1

はじめは、どうかと思ったんですよ。

スクウェア・エニックスで出しているのが、「鋼の錬金術師」。この本は、新書館。
まぁ、新書館のダメージにはならないだろうけど、スクウェア・エニックスの「鋼の錬金術師」にとっては、けっこう、ダメージじゃないかと……。

まあでも、面白かったです。

何事でも、子どものときからの環境があれば、慣れるということですね。ちょっと、違うか。

でも、人間、生きていこうと思ったら、どうやってでも生きていけそうです。

農業高校の話が、おもしろかったです。