ホラー コミックス スペシャル一覧

オロチ

新・カルラ舞う!12 吉備死闘編/スサノオ 下 変幻退魔夜行

吉備編、完結。
日本の公共事業を切る的な展開でしたが、そっちは、メインじゃないので、グダグダな感じに。
いやまあ、それが読みたかったわけではないけれど。


辰王は、結構子ども好き。

新・カルラ舞う!11 吉備死闘編/スサノオ 上 変幻退魔夜行

こっからが、今年再読しようとした、「吉備死闘編/スサノオ」です。
しかしながら、前の「吉備の護法神」を全く覚えていなかったので、8巻から読みました。

まあ、吉備の話の続きということで、前巻もまったくなんの解決もなかったので、そのまま違和感なく読み進めています。本当に、前はなんで前巻で読むのをやめたんだろう……。ゼネコンとか、政治がらみの話がよっぽどいやだったのかなぁ。


政治よりな話になってきた

新・カルラ舞う!9 吉備の護法神 中 変幻退魔夜行

このオリンピックで建築関係が、けっこうきな臭い感じな時に読むというのは、ナカナカくるものがあります。
しかし、これとか、「やじきた学園道中記」とかは、今はいつなんだよという感じはありますね。
いつも、現代?


悪い奴はいつも破壊と創造とか言う

新・カルラ舞う!8 吉備の護法神 上 変幻退魔夜行

まあ、すくなくとも十年以上ぶりに読む「カルラ舞う!」。
「吉備の護法神」は読んでいて、続きの11巻から読もうと思って見たのですが、吉備の話の続きで、前をまったく覚えていないという。

うーん、主人公の2人、剣持とか、近江とか、辰王(は名前を忘れていたけど)とか、扇のばあちゃんとかのメインキャラは覚えているんだけど、吉備の人たちに関する記憶が全くないという(笑)

新たな気持ちで読みました。おもしろいよ。


けっこう、神魔が可哀想です。

吸血姫美夕 小説版

小説版の美夕は、ハードカバーのやつが、京都が舞台で好きでした。
今回、それのソフトカバー版かなと思っていたのですが、全然、違いました。

早見 裕司は、昔、アニメージュ文庫で、小説版の「ガイバー」とか、「夏街道」とか書いていた人ですね。けっこう好きだった思い出があるのだが……今は、家にはないですねぇ。

わりと、自分の解釈で物語を自分の方に引き寄せて書いてしまう人です。
それが、ある意味、他の「美夕」のシリーズとは、違和感になっているかも。

でも、それなりに「うまい」小説で、けっこう読ませます。

どっちかというと、「西武新宿駅午前5時」みたいに、美夕から思いっきりひいて書いたものの方が、おもしろい感じです。