角川グループパブリッシング一覧

渡せなかった魂

多重人格探偵サイコ17

えーと、どういう話だったっけというのが、正直なところです。
弖虎が、雨宮の人格を久保田に返そうと思っていた。そもそも、久保田って、死んでなかったのか?

なんで、ここで朝顔が全一に敵対する??

???

まあ、もう1回ぐらい読まないとわからないかも。というか、はじめから解かれる予定のない謎もいっぱい入って物語が作られている気がしますが。
完結まで、もう少し。来年には読み終わるかな。


邪神とホームズって、アシモフも書いてた

壊れやすいもの

短編集。
ボードゲームになった「翠色の習作」が読みたくて探していたのですが、もう絶版。電子書籍でも出ていない。もちろん、文庫にもなっていない。2009年の本です。微妙なところか。
ということで、図書館を調べてみたら、あっさりあったので、借りてきて読みました。図書館で本を借りるなんて、10年以上ぶりかも。

1番最初に載っているのが、「翠色の習作」。
クトゥルーとホームズ。これいいわ。

全然、ホームズVSクトゥルーじゃないやんと思っていたら……。という感じで。でも、この人があの人だということは、ちょっと読み進めていくうちにわかったよ~とか。

まあ、ゲームに影響はないっちゃないけれど、これをはオススメでした。

あとは、けっこう元ネタ知らないのが多いからなぁ。しっているのは、楽しめました。常に逆転の発想みたいなところがあって、ちょっとそれがマンネリかなぁと感じるところに、フッといい話が入って先を読ませてくれます。
マンガじゃないニール・ゲイマンを積極的に追いかけていく気は今のところはないですが、充分楽しめました。

マンガの方のニール・ゲイマンは、「サンドマン」はイマイチ。「デス」は好き。

ニール・ゲイマン,Neil Gaiman,
金原 瑞人,野沢 佳織
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2009-10-30

自衛隊ラブコメ

クジラの彼

作者曰く、「自衛隊ラブコメシリーズ」。なかなか、意外な組み合わせで良い感じです。そして、内容はまさにその通り。自衛隊にまつわりいろいろな恋愛話が中心の短編集です。
自衛隊が舞台ですから、これまでの自衛隊3部作のあの人は今的なお話もあります。まぁ、「塩の街」は、特殊すぎてここにはないんですけどね。
あと、謎生物たちは、今回は出てきません。

けっこうみんな、気が強いです。特に女の子。そして、筋肉が好きですね。まあ、実は自衛隊だから、こういう人が多い……というのは、実は嘘で、いろんな人がいるのは、自分がいる職場を見渡せば良くわかると思います。それでも、その職場その職場の文化というか、色はあるんだなぁと思ったりしながら読んでおりました。

「有能な彼女」が、特に読みたかったのです。やっぱり、尻に敷かれていたか~(笑)

ただ、この人のかくカップルって、今はラブラブでも未来ではどうなっているのかがけっこう未知数に感じさせられるところがあって、そこがリアルというか怖い感じもします。

角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2010-06-23

人類の至宝

ロスト・シンボル 下

おもしろいんだけど、なんかあっさりまとまったなぁという印象。

なんか、オカルトをおわせておいて、しっかりラングドン・シリーズの枠の中でお話をまとめているのは、ダン・ブラウンの偉いところだと思いますが。
でも、同じ設定で、同じ雰囲気で、派手で荒唐無稽な伝奇の方に暴走していく物語が読みたいなぁ。

ダン・ブラウン,Dan Brown,
越前 敏弥
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日 : 2012-08-25

記憶喪失探偵

トーキョー・プリズン

「ジョーカー・ゲーム」まで、なかなかたどり着きません。
今、原作よりも先にアニメを見ています。けっこう、良いです。映画も、それなりに楽しかったけど、やっぱり原作よりの方が面白いのかも(と、原作を読む前に考えているという)。

まあしかし、「新世界」も、「トーキョー・プリズン」も、想像以上に重い。「ジョーカー・ゲーム」もこの調子で重いのかな?爽快感は、けっこう少ないです。面白いけど。