蒼天航路一覧


世代交代?

蒼天航路29

そろそろ、乱世を一線てがんばっていた人たちが退場する後半戦に入ってきました。

そして、劉備は、蜀取り。

やっぱりわからないのは、馬超がなにを考えて劉備軍に入ったのか。

この巻の馬超落とすところのセリフだけは、ちょっと、臭さを感じてしまいます。
今までは、そこが、蒼天劉備のよさだったのですが、今回は、うらで蜀取りが動いているので、いやらしく感じるのかも。

そんななかで、ばっと出ていきなり死んでいったほう統と、しぶい役回りの簡雍が、いい味出してました。

簡雍、かっこいいなぁ。

登録をミスを何回も繰り返す。
どうやら、ほう統の「ほう」の字がはじかれているようです。
なんでだ?


馬超よ、どうしてそこにいる?

三国志9軍市の星

お盆前から読み始めていたはずなのに、読み終わりが今になったのは、途中本がなくなっていたからというのは内緒の話。

ついに、三国が出来てというところまで来ました。
わたしの長年の疑問は、馬超は何故劉備軍にいるのかということです。

今回、北方三国志を読んでみて、やっぱりようわからんという。
「蒼天航路」でも、同じぐらいの時代を今やっていますが、やっぱりわからん。

ということを、三国志マニアの妹に、ぶつけてみました。

「ほら、だって、若((発音は、「バカ」))は、何にも考えてないから。
 とりあえず、曹操は嫌いだから、劉備軍」

うむ、納得。
馬超ファンのみなさん、ごめんなさい。

北方三国志は、呂布がカッチョイイです。かなり前に死んでますけどね。