月光条例一覧

図書委員

月光条例5

ツンデレに、すぐ反応してしまう自分が、恥ずかしいです。
でも、

「仕方ないわねぇ」

というのには、やっぱり弱いのであった。

最近、ハチカヅキの扱い方が、ぞんざいになってきてないか?
まあ、あんまり意地をはると、テンポが悪くなるんだけれど。


小ネタ集

月光条例4

シンデレラ、いい女だわ。というのが終わった後は、大丈夫かと思うような短編の小ネタ満載です。
そして、それぞれよく出来てます。
「わらしべ長者」とかは、ある意味パターンなんだけど、ものすごく決まっていて良いですねぇ。


天女と麦つかい

月光条例3

ぼくたちが、忘れてしまった昔話の題名のようですね。「天女と麦つかい」。
もちろん、消滅しちゃったので、ぼくらは、すっかり忘れていて、この世界からもその存在は消えています。

ものすごくメジャーなお話だったのにねぇ……。

というか、あの演出は、うまいとおもった。


ルナティック

月光条例2

けっこう、おとぎばなしの世界も詳細にしると楽しいのかもと思わせる1冊ですね。
そして、藤田 和日郎。無理矢理のすばらしい解釈だ!!


青い月

月光条例1

藤田 和日郎の新連載です。
物語の感じとしては、「からくりサーカス」ほど、ムチャクチャな感じではなくて、「うしおととら」みたいな感じの話になりそうです。

男の子は、熱いです。熱い男を描かせたら、ピカイチですね。

でも、普通のケンカが強いだけの高校生が、ビルの側面を駆け下りていくというのは……。いや、かっこよくって好きなんですけどね(笑)