戦争一覧

いざ開け かくて伝説と歴史の狭間より 数多の歌謡は生まれ出でぬ

ロードス島戦記 上 ファリスの聖女 完全版

物理的なスペースの問題もあり、わたしの中のソード・ワールドは、2.0にはバージョンアップしないことになりそうです。まだ読んでいない本をブックオフに持っていくのは、なんというか悲しいものがありますが。
もう、TRPGをすることもないのかなぁ……。

まあそんなことは置いといて、「ロードス島戦記 ファリスの聖女 完全版」です。TRPGが青春だった時代。もう本当に20年以上前、そろそろ30年以上前の作品になります。そして、けっこう掲載誌がどんどんつぶれて放浪するという不幸なマンガですが、それでも、良いものは生き残る力があるのだなぁと思います。

「ファリスの聖女」は、小説では「ロードス島伝説」の魔神戦争時代をかく山田 章博のマンガです。実は、「ロードス島伝説」の5巻目も、「ファリスの聖女」というサブタイトルがついているというややこしさ。しかも、同じ時代を同じ登場人物でかくこの「ロードス島戦記 ファリスの聖女」と「ロードス島伝説」は、けっこう、違った話になっています。
これは、小説の「伝説」がマンガ「ファリスの聖女」より後にかかれたのですが、原作者の水野 良が、小説書くときに話を膨らませたからです。

もともと、「ロードス島戦記」という、魔神戦争が終わってからの物語があって、そこで六英雄というのこの世界にいたんだよといわれています。(TRPGの設定としてあったんですね。強すぎるNPC的な存在として)

で、その六英雄の話としてマンガ版の「ファリスの聖女」が書かれて、そこでは、生き残った六英雄の他に、歴史の中では語られないけれど、7人目のフラウスという「ファリスの聖女」がいたんだとよという、この本の物語がかかれました。

さらに、「伝説」を書くときに、完全に正史から消されたナシェルという人がいてね……とやったら、このナシェルという人がとんでもない成長をして……。

みたい感じになっております。
だから、このマンガは、公式な設定としては外伝的な扱いになるのかなぁと思います。もしくは、人が伝え聞いているサーガとしての六英雄の物語というのは、こういうものだよと思ってもいいかも。

これねぇ、すごい絵が良いんですよ。もう、マンガの絵とは思えないような絵で描かれています。
そして、魔法の詠唱とか、伝説が、詩として表現されているのですが、これがまた、凄い。

ストーリー的には、ある程度設定を知っていないと難しいというか何しているのかわからないところはあるのですが、実は、ロードスのシリーズの中で最高傑作ではないかと思います。少なくとも、マンガ化されたロードスのシリーズの中で、これを越えるものは、これから後も出てこないと断言できます。

和製ファンタジーが好きな人なら、その原点にあるこの物語にぜひ触れてみて欲しいです。


今日も夢はもつれ

この世界の片隅で 上

なんともいえない絵に惹かれて映画を見に行ったのですが、これが、メチャクチャ良かったです。
ラストシーンの意味が、わからなくて、2回目見に行きました。2回目も、いろいろ発見することがあって面白かったです。なんか、わりと淡々としたお話なのですが、何回見ても飽きない不思議が雰囲気があります。

原作のこうの 史代のマンガは、文庫で何冊か持っていたのですが、まだ未読でした。てっきり、「この世界の片隅に」も文庫で持っていると思っていたのですが、まだ、文庫化はされていなくて、3冊購入しました。
今、1巻ずつ、ゆっくりと読んでいるところです。

で、先に映画の方の感想ですが、今年は、けっこういい映画が多かったのですが、最後の最後に見に行った「この世界の片隅に」が、最高傑作でした。
「君の名は。」もそれなりに良かったし、「聲の形」も傑作だと思ったのですが、「この世界の片隅に」は、凄いです。
他にも、いつものマーベルのアメコミ映画も面白かったし、「ゴジラ」も良かっし、「ちはやふる」も素敵だったのですが、それが全部吹っ飛ぶぐらいの出来でした。

初め見た印象は、どこか「最終兵器彼女」だったのですよ。すずさんから見た戦争が、ちせから見た戦争みたいな。すずさんフィルターを通して見た戦争っていう感じがしていました。すずさんが、人一倍、空想癖がある少女としてかかれていたので余計に。
でもねぇ、これが、それだけで終わる話ではなく。

原作の1話1話の最後にオチがつくお話の作り方も好きなのですが、映画の流れていくような物語運びも凄く良いです。原作の方が、長い分、映画で語られなかったお話が詳しく入っていていいのですが、あぁ、この部分も、映画のリズムで見たかったなぁという気がします。
基本、わたしは原作好きなことが多いので、けっこうこういう感想は珍しいかな。
映画はなんだか、高畑 勲監督の匂いもする気がしました。でも、高畑さんほど、理屈っぽくない感じがするんですよねぇ。

あと、この話が、けっこう色っぽい話なところも好きです。
多分、これから何回も、この映画見ることになるだろうなぁと思っています。

コミックスを読んで気がついたのは、最初の子ども時代のエピソードは、「この世界の片隅に」ではなくて、読み切りのエピソードだったのねということ。なるほど。でも、映画ではものすごくきれいにその伏線を回収していました。あれは、原作通りなのかな。


天使なんかじゃない

神聖都市伝説 最終戦争シリーズ12

九月の地平線

美人大車に、長髪の永都。
この長髪が原因で、後で真砂流さんが犠牲に。

わたしは、秋田書店版の順番で物語を読んだので、永都を初めて見たときは、すでに長髪だったんですよ。でも、こうやってみると、だんだん髪の毛が長くなっていく様子や、大車が美女に成長していく様子がわかって楽しいです。

海に帰れ

「九月の地平線」、「海に帰れ」、「風の笛」が、わたしの中では、同じ話なんですよ。
大車がすねて危機に陥り、永都がちょっとキレながら助けに来る。

ものすごく物語を動かしたいのに、動かすことができない状況でかかれたのかなぁという感じです。
好きな話なのですが、ちょっと物足りないものを感じます。それでも、かきつづけるということが大切なのかもしれません。

神聖都市伝説

ジェッツ・コミックスで出てました。
これは、秋田版の後に読んでいるはずです。

なんせ、秋田版のソマの王は、覚醒してからはずっと、ほぼ瞑想していたり、サイコフライトしていたりで、あんまり動いているところを知らない。
で、これを読んで、「おぉ、ソマの王強い」と思った記憶があります。

なんか、本気出せば一気に勝てそうな感じもあるのですが、まあ、この人目覚めて、ずっとこの調子で暴れたら、世界や、精霊たちに迷惑かかりすぎだしなぁ。どうも、そのせいで、後で精霊の反発をくらって世界が滅びたのではないかとか思っています。
そして、「花咲く帝王の樹々」の世界に繋がっていく?

風の笛

ジャッカルとかは、その後、活躍していますが、笛吹きはいつか回収されるのでしょうか?
というか、けっこう人が多くなりすぎな感じもありますねぇ。

イリラさんですら、活躍の場がけっこうないからなぁ。たしか、まだこの人、花嫁になってないよね。
でも、そうやってばらまいておいたものが、後々、活きてくるのかも。

双龍

これ好き。
意外な人が、けっこう意外な役をしていて笑います。

風の智天使

これ、すごく好きなんですが、今にして思えば、「ドン伝」よりも先にこれを読んだというのは、けっこう不幸だったかもしれないとも思います。
因縁のキャラがいても、わからないですからねぇ。
後で読み返して、

「あぁ、ナガルコットって……」

とか思いました。

あと、笑さんが消えた後、突然、

「おれは真砂流だ」

のシーンになって、ここもかなり唐突に感じたのです。
まあ、後で「ドン伝」を読んで納得して、おぉ、なんて複雑な構造を持つお話だと思ったりしていたのですが、実はけっこう直線だったという(笑)

まぁ、旧作を出しながら、連載中の新作も出していきたいという秋田書店の思惑もあったのだと思います。

落ち着いていると思っていた唯がけっこう乱暴者ですよねぇ。

風々ちゃんの昼休み

こういう小さい話好きです。
風々かわいいです。

そういえば、最初、風々と大車が出会う話も、感じとしては「九月の地平線」と同じ様な感じだった気が。大車、いっつも、さびしいな。


うさぎ・美味し・かの山

がんばれうさぎ

テーマは、うさぎ。
まあ、うさぎといっても、山田 ミネコのうさぎなので、四次元のうさぎです(笑)そして、うさぎであるというだけで、それぞれのうさぎになにか関係があるわけでもない。
内容も雑多で、「霊界トラブルシューター」もあれば、「最終戦争」というか「パトロールシリーズ」もあり、「パトロール伝説」もありみたいな感じです。

楽しい。マンガ版だけでなく、こういうのも全部集めた全集が出て欲しいです。

がんばれうさぎ

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/


ソマの王の目覚め

敦煌 最終戦争シリーズ11

敦煌

タオが復活して、真砂流の救出へ。
このあたり読んでいると、いかに星野に負担とプレッシャーがかかっているかがよくわかります。昔読んだときは、そんなことは全然感じなかった気がしますが。

なんかねぇ、ナリスが死んだ後のヴァレリウスを思い出して、かわいそうに思うんですよ。自分のやりたいことは明確にあるのに、責任感のためにそれをすることができない。大人な人なんですよねぇ。

開放都市

「最終戦争伝説」の連載最後の作品。ここで、掲載誌がなくなって……。その話、なんかパトロールシリーズの時も聞いたような気がします。

星野が思いっきり永都を殴るじゃないですか。あのシーン、昔は意味がわからなかったんですよ。
でも、今読むと、ちゃんとわかりやすいように、その前に笑さんと星野のシーンが入っていて、だからこそ、笑さんを守れない星野の歯がゆさみたいなものも入っているのがとても良くわかります。

そして、この頃からずっと、今に至るまで、自分の後継者を探していることも。もう、自分は荒野に行きたくて行きたくてしかたないんですよねぇ。

そして、ここで物語を終わらせられた読者は、悲鳴をあげたことと思います。

孔雀天使城

ちゃんと、それでもコミックスのかきおろしで、なんとか決着をつけてくれるところが、山田 ミネコの偉いところだと思います。
ソマの王の目覚めまで。

唐突な感じは否めないけれど、それは端折ったエピソードもあったみたいなので、しかたないです。

これでちょっと強くなりすぎて、永都の活躍の場が減ってしまった感じもします。だから、小角が呼ばれたような流れですね。