くおんの森一覧

神殺し

くおんの森4

1巻読んだ時には、こんな話になるとは思わなかったですよねぇ。
というか、詩音が出てきてから、あきらかにお話がわかってきています。

ぐっと、自分の好きで得意なところに引き寄せた感じはあるのですが、それは、そこが全力で表現できる場所なので、多分、正解。


朋友

くおんの森5

新しい出会い。
これをもともと想定していたのかどうかはわからないけれど。

ちょっとやおいのにおいもするこの4巻から先の流れが、このお話の本番という気がします。


音と文字が出会うとき

くおんの森4

言葉と音が出会う……みたいな。

こういう、ソフトなやおいっぽいのは、好物です。何でかというと、それは、萩尾 望都と竹宮 惠子と、木原 敏江が偉大だったからとしかいいようがないのですが。

ちょっと、エヴァも入ってるのかな?イメージとして。シンジとカヲルみたい。


ゆるふわやおい

うさぎ装束

最近、「鋼の錬金術師」の荒川 弘人とか、「結界師」の田口 イエロウとか、意外な人が(わたしの中でですが)女の人だという事が判明しています。

そして、この本を読んで、多分、釣巻 和も、女の人だとわかった……と、思う。多分……。

微妙な感じのやおいっぽいお話で、雰囲気はいいです。微妙に、わかりにくいテイストは、釣巻 和らしいといえば、らしい。


遺伝子レベルで

くおんの森3

書痴っていうのは、遺伝するのでしょうか?

絵柄とお話の雰囲気がとてもあっていて、いい感じです。
でも実は、ちょっと怖い話なのかも。