椎橋寛一覧

ヤクザの抗争もの?

ぬらりひょんの孫1

結局手をだしてしまった少年週刊ジャンプの妖怪ものです。
ヤクザの勢力争いみたいな感じで、はじめから、バトルが組み込んであるところとかは、さすがは、ジャンプだなぁと思います。
主人公、二重人格というのも、けっこうあるパターンで、王道をめざしている感じです。

刀に秘密があるのかな?


2人のリクオ

ぬらりひょんの孫2

秘密は、剣ではなくてメガネにあったんでしょうか?

そして、本体は?もともと、目覚めた方の人が本体だったみたいな感じですねぇ。


ムチ

ぬらりひょんの孫3

このあたり、ちょっとアニメで見た。
昔は、アニメでアクションとかを見ると、ものすごいテンション上がっていたのに、最近は、アニメ見てもおもしろくないです。
アニメで見たら、きっと見栄えするだろうなぁというアクションでも、なんか、想像と違うというか、テンポが悪く感じてしまうことが多いのです。

これは、アニメがつまらなくなったのか、自分が年をとったのか?



いいバランス

ぬらりひょんの孫5

結構、楽しい。もともとバトルも視野にいれているので、バランスがいいです。
先を読んでいきたくなってきました。


つらら活躍

ぬらりひょんの孫6

牛鬼のキャラが、いいですね。羽織をみんなに着せたがったり、着たがったりしているあたりが、かわいい。けっこう、計算されている?

そして、ジャンプらしく、あんまり先を見ずに突っ走っていく感じが好きです。


過去へ

ぬらりひょんの孫7

おもしろくなってきたところで、過去編に突入。

過去編って、盛り上がるんだけれど、最近のマンガの過去編への入り方には、ちょっと不満もある。
もうちょっと、過去を小出しにして、気持ちが、

「過去読みてぇ~」

って盛り上がってから、移ればいいのにと思っています。
けっこう、淡泊すぎる感じです。

設定作っておくのは大事だけれど、それを全部出す必要はなかったりすると思う…。


過去から続く現在へ

ぬらりひょんの孫8

過去編終了。
わりとしつこくなく、あっさりめだったかな?まだ、父親の話とか、過去編になりそうな話題は残っています。

盛り上げてから、過去へいけとか思ったけど、この作者としては、過去よりも、今の方が大事だと思っているのかなぁと思ったりもちょっとした。

ここで過去のお話があったので、今のお話に、ちょっと厚みが出た感じする。


遠野から京都へ

ぬらりひょんの孫9

遠野での修行、終了。
あっさりしてたけど、また、遠野には、きっと触れることもあるのだと思います。

次回は、京都観光編みたいなのがいいなあ。でも、総力戦になりそうなので、そんな余裕はないか?


京の都の空の上

ぬらりひょんの孫10

京都まで、けっこう遠いなという感じの10巻です。
まあ、真打ち登場の前に、雑魚味方が一掃されるのは、お約束。

盛り上がってきて、いい感じ。