風立ちぬ一覧

絶筆

ルードウィヒ・B 手塚治虫文庫全集

宮崎 駿が、「風立ちぬ」で堀越 二郎を借りて自伝を書いたように、これも多分、ベートーベンを借りて書いた手塚 治虫の自伝なんじゃないかなぁ。
まあ、宮崎 駿ほど、元ネタをメチャクチャにはしていませんが。

このクオリティの作品を死の直前までかいていたんだから、凄いです。


不安とのつきあい方

岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る2 本当は残酷で恐ろしくて美しい「風立ちぬ」 電子版

これも、元の音源を聞いたかな。
新聞記者のインタビューというか質問に、岡田 司夫が答えてます。

この新聞記者さんが、自分の感想に自信がなさそうなのが、なんとも。
そして、権威(岡田斗司夫)に、正解を聞いて恥をかかないようにしておこうとしている感じが……。

まぁ、多分、わたしも時々、そういうことをしちゃっていることがある気がするから、気になるんだろうなぁ。

本当は、感想なんて、自分の感想なんだから、正しいも間違っているもなくて、表明すればいいんだよと思うのですが。
どっか、解釈が違っているために、こんな感想になったのかも、しれない。間違って、笑われたらどうしようというの、働いてしまうんですよねぇ。

そしてまた、この「風立ちぬ」という映画が、一部の人間に、そういう不安をかきたたせるお話であったということだと思います。

岡田 斗司夫みたいな人が、ズバッと言葉にしてくれると安心する。

うーん、「でも本当に必要なのは、自分でそれを整理して言葉にする力かも」と書こうと思ったけれど、「本当にその力は必要なのかな?だれの意見を聞けばすっきりするか知っているだけでもいいのかも」とも思った。

不安なときは、強い言葉の人についていきたくなるよねぇ。
でも、不安な状態のままで、ゆらゆら、フラフラしているのにも、もしかしら意味があるかもしれない。


人でなしは自分の思うがままに生きる

岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る1 人でなしの恋を描いた「風立ちぬ」 電子版

あぁ、言われてみれば確かに。
これ、映画見た直後のモヤモヤを、ものすごく理論的に理解させてくれる。

そして、岡田 斗司夫は、ものを作る側の人間なので、当然、「風立ちぬ」は高評価になるんだなぁ。
わたしは、多分、ものを作ることよりも大事なことがあると思っていて、だからまあ、サラリーマンなんだろう。

思えば、この「風立ちぬ」は、「ハチミツとクローバー」のハグちゃんの選択と同じ選択をしているのだと思います。

その選択をする人は、人としてはどうしようもないと思う。
もちろん、自分の思うがままに生きているからといって、つらさがないわけではないのもわかる。
そして、そういうどうしようもない人でなしから、すごい作品が生まれる。
多分、人でなしだから生まれるわけではないけれど、人でなしの部分が生み出していることも多いのだろうなぁと思います。


読まねば!

風の谷のナウシカ シネマ・コミック1

ジブリ、嫌いや~とか、思っていたのですが、「ハウルの動く城」とか「風立ちぬ」とか、「かぐや姫の物語」とかを見たり、周辺の話を聞くとすごくおもしろいくて。
そして、なによりも、子どもの時に見た(高校生ぐらいか?)「天空の城ラピュタ」はあんまり印象良くなかったのですが、この前、見たらおもしろかったということもあり。

どうやら、感覚が変わってきているみたいです。
年取って、角が丸くなってきたのかも。

ということで、ジブリを再発見ということでジブリ文庫を読むことにしました。

まぁ、しかし、ジブリの教科書の方は読んで楽しいけど、こっちのシネマ・コミックの方は、コミックスではなくて動いているやつが、いるなぁと。
当たり前といえば、当たり前ですが。

それから、実はわたし、原作、後半まだ読んでないので、そっちも読まねば。


ロマネクス?

菜穂子・楡の家

映画「風立ちぬ」関連本として読みました(笑)

菜穂子さんは、気が強い感じの女の人。でも、なんか押しはめちゃくちゃ弱そうという……。
映画の「風立ちぬ」のイメージよりも、流されちゃう感じです。

印象が「風立ちぬ」ほど強くないです。
それは、一人称でないからというのもあるのかも。

あんまり、物語としては大きなうねりとかはなくて、淡々と人の心の中でなにかが動いているようなお話でした。