小学館集英社プロダクション一覧

苦悩するアメリカ

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

映画見てきました。「キャプテン・アメリカ」。
感想を書いている暇がないけど、面白かった。

映画も、もっと脳天気な作りかと思っていたらけっこう真面目でした。でも、この本は、ちょっと重すぎな感じです。読むのに時間がかかった。

おもしろいですが、アメコミのもっているというかキャプテン・アメリカのもっている独特の歴史が、ものすごく重くのしかかっている感じです。
それが、魅力でもあるんですけどね。

エド・ブルベイカー,Ed Brubaker,
スティーブ・エプティング,Steve Epting,
堺 三保
小学館集英社プロダクション
発売日:2011-09-29

 


神々の物語

マイティ・ソー アスガルドの伝説

映画版、「マイティ・ソー」も、見てきましたよ。

これは、映画の原作……では、全然なくて(設定的なところはちょっと関係ありか)、ソーの外伝的なお話になるのかな。

なかなか、オーバーで面白いです。
映画でも思ったけど、こういう、バカバカしいキャラが出てくる物語は、思いっきり、オーバーに、真面目に、単純にやるのが、正しいと思います。

だから、これはこれで、正解。
最上級を使いまくりの言い回しも素敵です。

スタン・リー,Stan Lee,
ジャック・カービー,Jack Kirby,
中沢 俊介,沢田 京子
小学館集英社プロダクション
発売日:2011-07-16
 

 


ウェポンXまでは、遠い

ウルヴァリン オリジン X-MEN

これも、映画を元にしたコミカライズだと思っていましたが、そうではなくて、こっちが先だったようです。
そんなんばっかりやな。

うーん、つまり、ジェームズは、ドックと兄弟だったとか、そういう話なのかな?
映画でも、そのあたりは、微妙な感じだったような記憶が……。というか、映画では、ジェームズが、サイバートゥースだったっけ?あれ?あんまり記憶がありません。

まあ、映画とアメコミは、また違う世界の話ではあるので、あんまりこだわっても仕方ないのですけどね。

アンディ・キューバート,Andy Kubert
ポール・ジェンキンス,Paul Jenkins
リチャード・アイザノフ,Richard Isanove
光岡三ツ子
小学館集英社プロダクション
発売日:2009-09-01
 


よい絵だわ

WATCHMEN OFFICIAL FILM GUIDE

ヒーロー映画って、絵(映像)が命だと思わせてくれる1冊です。

特に、あんまり映画の中では目立たなかった(でも、重要な役割を果たした)、旧のヒーローたちの姿が、いいです。