パトロール一覧

ツキノオオカミ

真昼の月 パトロール伝説8

久方ぶりの「パト伝」です。「月」パート。
月は、どうやら星野のことの様です。まあ、後の展開を考えても、その例えはあるなぁと。

主人公は、小角にもどっています。

キレた星野が出て行って、代わりにデーヴァダッタ(人間)が、やってくる。
けっこう、話が進んだ感じです。

真昼の月
パトロール伝説(8)

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/


ソマの王の目覚め

敦煌 最終戦争シリーズ11

敦煌

タオが復活して、真砂流の救出へ。
このあたり読んでいると、いかに星野に負担とプレッシャーがかかっているかがよくわかります。昔読んだときは、そんなことは全然感じなかった気がしますが。

なんかねぇ、ナリスが死んだ後のヴァレリウスを思い出して、かわいそうに思うんですよ。自分のやりたいことは明確にあるのに、責任感のためにそれをすることができない。大人な人なんですよねぇ。

開放都市

「最終戦争伝説」の連載最後の作品。ここで、掲載誌がなくなって……。その話、なんかパトロールシリーズの時も聞いたような気がします。

星野が思いっきり永都を殴るじゃないですか。あのシーン、昔は意味がわからなかったんですよ。
でも、今読むと、ちゃんとわかりやすいように、その前に笑さんと星野のシーンが入っていて、だからこそ、笑さんを守れない星野の歯がゆさみたいなものも入っているのがとても良くわかります。

そして、この頃からずっと、今に至るまで、自分の後継者を探していることも。もう、自分は荒野に行きたくて行きたくてしかたないんですよねぇ。

そして、ここで物語を終わらせられた読者は、悲鳴をあげたことと思います。

孔雀天使城

ちゃんと、それでもコミックスのかきおろしで、なんとか決着をつけてくれるところが、山田 ミネコの偉いところだと思います。
ソマの王の目覚めまで。

唐突な感じは否めないけれど、それは端折ったエピソードもあったみたいなので、しかたないです。

これでちょっと強くなりすぎて、永都の活躍の場が減ってしまった感じもします。だから、小角が呼ばれたような流れですね。


悪者ドラちゃん

OZUNU本1 山田ミネコ個人誌

昔、「OZUNU本2」というのも売っていたよなぁ。
今は、手に入らないみたいです。まああっちは、役の行者の小角の方みたいだから、いいかなぁと思ったりもするのですが。

時代的には、まだドラちゃんと仲が悪かった頃の話です。ちょと前ですね。
唱と笑の関係が、微妙だ。

OZUNU本(1)
山田ミネコ個人誌

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/


さて、次の主人公は?

七日目の街 パトロール伝説7

「パト伝」、「七日街」完結編。

なんで、大和移民たちが、カトマンズから追い出されていた(?)のかがわかる、大団円編ですね。
まあこれによって、小角への責任がさらに増すという可哀想なことになっていますが。

まあ、1番重いところは、永都と背負っているからなぁ。

そして、星野が、そんなことを考えているとは思ってませんでした。

七日目の街
パトロール伝説(7)

山田 ミネコ

あとりえだば
http://daba.cart.fc2.com/


本当の始まり

秋津島大和 最終戦争シリーズ8

前巻で、小角が主人公のパトロールシリーズが、終了。
ここからは、「最終戦争伝説」シリーズ、通称「ドン伝」になります。

秋津島大和編

今までのシリーズが、どんどんここに集約されていく感じが面白い「秋津島大和」編です。
わたしの場合は、何回も書いているように秋田書店版の「最終戦争シリーズ」から入ったので読んだのは、「十蘭」、「峡」、「風の智天使」の後ということで、あんまりそのあたりは良くわからなかったのですが。
これ、白泉社版「最終戦争シリーズ」から読み出した人にとっては、けっこう、テンションあがる展開だったのではないかと思います。

わたしは、これを読んでずっと、「西の22」とかを読みたくて読みたくて、しかたなかったのです。

でも、タイムマシンもある世界で、永都のあの強引なよびだし方というのは、凄いと思います。
そして、このラストも好きです。

奇妙月異常曜日

まあ、遺伝子的なことというのは、普通に気にされているほど気にしなくてもいいようですよ。
でも、そのあたりはちょっときついめのタブーがなければ、社会としての広がりがなくなってしまうので、その戒めの意味もあるみたいです。少なくとも、何代も続かなければそれほど問題になることはないようです。

花咲月蘭曜日

山田 ミネコさんのかく妖魔は、悪ではなくて、異質なんですよねぇ。
でも、異質すぎて一緒に存在することは出来ない。

そうすると、一方にとって一方が、排除しなければならないものになってしまう。
そんな気がします。

今は、美人に成長したジャッカルと大車の話。
そして、人間に味方してくれることもある精霊達が、けっして、高潔でもないという。風々の方が人間に接している分優しい。まあでも、風々も、元々人間を喰っている妖怪だった気がしますが。

多分、純粋であるというのは、人間の価値観でははかれないことでもあるのだと思います。