ネフスピール一覧

2007年1月 ころぽっくるの家テーブルゲーム

1月21日(日)。ころぽっくるの家のボードゲームイベント2回目です。

いったいどんな告知のされかたをしたのやら、参加者は、予約だけで28名。
……、2人でまわすのは、無理だと思います……。

就学前の子どもたちが中心ですから、ゲームなんてはじめてという子も多いのです。
そういった子どもは、せいぜい、自分と相手の順番が待てるぐらい。多人数でするゲームは、ルール的にも、待ち時間的にも無理があります。
ましてや、そのなかで自分の思い通りにならないことがおこってくるのですから……。

予約しているということは、そのなかで充分見てもらえると期待してきているはず。こんなこと続けていると……主催者の評判が心配です。

3歳児は、兄弟で遊ぶというのは、ほぼ無理そうです。
今回は、ネフスピールとハンマートイ、クーゲルバーンなどを持ち込んだので、そのあたりで遊んでもらっていました。
割と4人家族がたくさん来られていたのですが、上の子も、年長ぐらいですから、下の子にあわせてゲームをするというのは、難しいですねぇ。

上の子にあわせてゲームをセレクトして親御さんに入ってもらい、下の子は、ちょっと放置状態のようになってしまったのが、反省点でした。

今回は、親御さんにゲームに入ってもらって、わたしとねぇさんは、ほぼ、ルールの説明に徹しました。しかし、それでも、若干捌ききれていない感がただよいました。

うーん、4人家族の場合、3歳の子とお母さんで1ゲーム。上の子とお父さんは、他の家族とシャッフルして遊んでもらうというのがよさそうなのですが、初対面の家族をシャッフルするというのは、なかなか難しかったりするのです。

次回から、人数制限を20名までにしてもらいました。
20名だと、5家族ぐらい。なんとか、まわせる人数かなぁ。

「スティッキー」、「子やぎのかくれんぼ」、「この窓どの窓」あたりが、大活躍。

「にわとりのしっぽ」、「ドラゴンの宝」、「おしゃれパーティ」、「こぶたラリー」あたりが、紹介しやすい感じでした。

1時間のイベントでよかったです。実質、1時間半ぐらい。この年齢、この人数で、これ以上は辛いです。延びたということは、参加して下さったご家族にとっては、おもしろかったということでかな。


ビックバン こども劇場 「ボードゲームで遊ぼう!」

大阪の大型児童館ビックバンから、『ゆうもあ』へお声をかけていただいて、ビックバンの子ども劇場で、「ボードゲームで遊ぼう!」というイベントに参加してきました。

入れ替わり立ち替わりしながら、100名以上の子ども連れのご家族の方が、世界のボードゲームで、遊びました。

人数がたくさん遊べる「ミッドナイトパーティ」なんかをわたしは用意したらようかと思っていました。
でも、この手のイベントは、「家族で遊ぼう」と思ってこられている方が多いので、2~3人で簡単に遊べるゲームをたくさん集めておいた方が、動きやすかったようです。

ということで、「スティッキー」や、「ガイスター」、「バチーク・キッズ」、「シンペイ」、「落ちるの氷ごり」なんかが大活躍でした。
2人でも遊べる「ドクロと宝箱」も、けっこう、子どもたちに好評でした。これは、なかなか最後まで集中して遊べるかというと、微妙ですが……。

3~4人で遊ぶゲームでは、「ねことねずみの大レース」、「ダイヤモンド」、「ダミー」、「クロンダイン」、「ミッドナイトパーティ」、「ウボンゴ」などなど。
このあたりは、『ゆうもあゲーム会』の定番ゲームですねぇ。

わたしも、いろいろのゲームをインストしたり遊んだりしてきました。

インストしたゲームは、

「ダイヤモンド」
「ミッドナイトパーティ」
「ドクロと宝箱」
「ねことねずみの大レース」
「テディ・メモリー」
「スティッキー」

などなどです。
各2、3回、インストしたのでは。

「ダイアモンド」は、5回とも全然宝石が出ないうちに大災害でした。しかも、5回戦目の時に、いきなり、宝石が出ずに「災害」のカードばっかり5枚ならぶというすごい展開(笑)
こういうことも、あるんですねぇ。
あと、「ダイアモンド」は、3人ぐらいでも、けっこう楽しんでもらえることがわかりました。けっこう、インフレ気味になって、子どもに優しい感じになっていたと思います。

「ドクロと宝箱」は、、幼稚園から1、2年生ぐらいの子どもたちにとっては、けっこうチャレンジ精神をくすぐるゲームだったようで、人気がありました。
まあ、けっこう、疲れるゲームなので、鍵を3つゲットして、最後まで遊んでもらうというのは、難しいようでしたが……。
まあ、飽きてきたら、その場でおひらきにしてもいい感じのゲームではないでしょうか?

「ピック・ア・ディリー」
「クロンダイク」
「ブロックス」

でした。
3人で「ピック・ア・ディリー」をやろうとされていた子どもさん、お父さん、お母さんのご家族がおられたので、なかに入らせていただいて、一緒に「クロンダイク」、「ブロックス」も遊ばせてもらいました。

「ピック・ア・ディリー」は、楽しかったようで2回遊んでもらいました。1回目は、見事に子どもが勝利。2回目は、お父さんが勝利でした。

「クロンダイク」は……なんか、わたしが全然「金」をとれなかったです。
しかも、ご家族3人は、自信をもって「0」に賭けてるし~(笑)
これも、けっこう、上手にお皿をまわしていた子どもが勝ちました。

で、最後の「ブロックス」。これは、経験がものをいいます。
後から見ていたスタッフの方に、

「りんさん、容赦なしやなぁ~」

とあきれられてしまいました(笑)ということで、これだけは、勝利です。
子どもは、最下位。まあ、運のないゲームだからねぇ~。たまには、負けるのもいい経験だろう(爆)

午前11時にスタートして、午後4時に終了。

ちょっと、3、4歳という小さい子も多かったので、ゲームという感じでない子たちも結構いました。
今度呼ばれたら、「プラステン」とか、「ネフスピール」とか、「ハンマートイ」とか、積み木、おもちゃ系のものも持っていってみよう。

この手のオープンなイベントは、ゲームの消耗は激しいです……。


白・黒

ネフスピール
来ました。
見せびらかし(笑)

おもちゃは、遊ぶためにある。

買われていった積み木たちが、ボロボロになるぐらい遊んでもらい愛してもらって、コレクターアイテムではなく、おもちゃとしての一生を全うしてくれることを切に願います。


6月 第10回 ゆうもあゲーム会・草津

本日は、第10回の『ゆうもあゲーム会・草津』でした。
とうとう、開催数が二ケタになりました。

このところちょっと参加人数が少なかった草津の『ゆうもあゲーム会ですが、今回は、初参加の方もたくさん来ていただいて、スタッフを含めて、40人の参加者で楽しみました。

今回は、「ぱふ・南草津店」のパンフレットの効果が、とっても高かったです。

いつもは、草津市立図書館の3階の大きなギャラリーを貸し切って開催していますが、今月は、残念ながら大きな会場が予約できず、2階の視聴覚室での開催となりました。

たくさんの来場者で、少しせまかったかな?でも、とても、アット・ホームな雰囲気のなかで、新しく来られた方も、常連の方も、楽しんでいただけたと思います。

始まったばかりの時間帯に、たくさんの方が来ていただいたので、受付の時間が集中して、結構、遊ぶことができました。

遊んだゲームは、

「キュージェット」
「魚雷戦ゲーム」
「スティッキー」
「にじいろのへび」
「ピエロ」
「おしゃれパーティ」
「ブロックス・ディオ」
「クロンダイク」

インストしたゲームは、

「落ちるの氷ごり」
「ねことねずみの大レース」

うーむ。
小さい子への定番ゲームのオンパレードですな。

今月のゆうもあ積み木部は、「naef collections – 世界NO.1の木・・・」1のアジサイを参考にして作った「アジサイ」と、ネフスピール、アングーラの合わせ技の「カタツムリ」でした。

「naef collections – 世界NO.1の木・・・」は、積み木部の方に教えていただいたサイトです。
これは、いいですねぇ。
このサイトを見て家では、「アークレインボー」の購入が決定しました(笑)

次回は、3階ギャラリー。そして、8月分の開催ですが、7月30日(土)に開催されますので、お間違えのないようによろしくお願いいたします。

  1. 今は、このサイト、なくなってしまいました。 []

4月 第9回 ゆうもあゲーム会・草津

4月9日(土)に「ゆうもあゲーム会・草津」に参加してきました。

草津の方も、ちょっと常連さんがついたかなぁという感じで、こぢんまりと安定してきています。

草津恒例(ということになった)ネフ社の積み木の飾りつけ、4月は、「お花」がテーマでした。

アングーラとネフスピールで作る花畑とアングーラ2セットを使って作る「花」は、なかなか迫力がありましたよ。

その様子は、紀道さんのサイト「道中記」1で。

  1. 今は、ないようです。 []