村枝賢一一覧

仮面ライダーの歴史

仮面ライダーSPIRITS13

もう、だれがZXと出会ったのかわかんなくなっていますが、作者は、ちゃんと把握していて、良の思い入れをそこに入れていますね。

敵とはいえ、次々に歴代のライダーに変身を繰り返していくシーンは、なかなか燃えるものがあります。

ライダーマン、やっぱり、数に入っていないし……。結城 丈二、裏切りの星に生まれた男……。


セッタップ!

仮面ライダーSPIRITS14

あぁ、大変身よりも、セッタップの方が、好きだったかも。
Xライダーって、そういえば、親子の物語だったような記憶が。

楽しい。


より強く

仮面ライダーSPIRITS15

ZX編になってから、他のライダーたちにスポットがあたらないのかと思っていたのですが、次々と、活躍の場、見せ場があって、楽しいです。

今回は、ストロンガー。

ただ、次々といろいろなライダーにスポットがあたりすぎて、ちょっと話が散漫になっています。


アマゾンライダー、ここにあり

仮面ライダーSPIRITS16

アマゾンがでてきると、コメディ調が強くなる感じです。

「ライダーの縦社会」

というのには、笑ってしまいました。

でも、考え方も、行動も、シンプルなアマゾンが、かっこいいと思うのは、子どもの時からのインプットのせいか?


ダブルライダー

新 仮面ライダーSPIRITS 1

掲載誌がかわって、仕切り直し。
題名にも、「新」がつきました。

バダンのお話は、いったん忘れて、またまた、1号2号ライダーのエピソードからスタートです。
このまま、V3、Xと続いているのかどうかはわからないのですが、続いていてもいいなぁと思います。やっぱり、自分の中の仮面ライダーは、スーパー1までなので。

本郷も、一文字も、かっこいいです。


変身!

新 仮面ライダーSPIRITS 2

ダブルライダーが終わったら、V3には続かずに、バダン編に戻ってきました。アマゾン編……というか、モグラ編?

ニヒヒと笑う、緑川ルリ子が、なかなか魅力的です。


大空に聞け 俺の名は アマゾンライダーここにあり

新 仮面ライダーSPIRITS 3

アマゾン編終了。
アマゾン、けっこう好きなライダーなんですよ。変なライダーだけど。
かっこいいと思っているのは、Xですけどね。

そして、次は、スーパー1編につながるようです。
話も、メインに戻ってきて、いい感じです。


作戦目的、正義!

超絶黙示録 仮面ライダーSPIRITS

全編熱くて好きですが、最後のエンサイクロペディアだけは、字が小さすぎて読めませんでした。
ここも、ゆっくり読みたい気持ちはあるんだけれど、多分、この50ページ、情報量は、前半の150ページの2倍は軽くある。


お前と俺でダブルライダーだからな

新 仮面ライダーSPIRITS 3 特装版

表紙が違うと、ほしくなっちゃうよねぇ。あこぎな商売だと思うけど。

しかし、オールカラーの1話の破壊力は凄いです。
本郷が出てきたところで、オシッコちびりそうになりました。しびれる。わかっていても、格好良すぎです。


技は赤心少林拳

新 仮面ライダーSPIRITS 4

スーパー1編…かな?
Xライダーとかも、けっこう活躍しています。

実は、スーパー1とか、スカイライダーは、若干、世代じゃないという。なぜか、スーパー1は、主題歌を歌えたりしますが。
でも、なぜか途中から、キャシャーンの歌と混ざります(爆)

もっと、しっかり見ておけば良かった……とか、思わないでもない。