板垣 恵介一覧

だよね

範馬刃牙14

ここで、ピクルと刃牙が出会っちゃう。
でも、やっちゃうとお話終わるから、もう、どう止めるのかというのが見所になってる気がしないでもない。

そして、花山のパワーは、精神力が大きかったという、マジか。


嘗められてすらいない

範馬刃牙13

ピクルVS烈海王、終了。
まあ、このあたりは強さ見せだよねぇ。

しかし、克己は好きです。
案外、また克己が持っていくのかも。


中国4000年か~ら~の~グルグルパンチ

範馬刃牙12

最初の挑戦者、烈海王。
喰われる。

強さのインフレは続きますが、インフレを気にせずに読める状態のときが、一番楽しいのだと思います。


混沌大戦

範馬刃牙11

今、混沌大戦と打とうとしたら、間違って、コント大戦って出てきました。
まあ、どっちでもいいのかも(爆)

えーと、ピクルを巡って、格闘家たちが大集合。
でも、このときに、コントかって思えるほど鮮明な、それぞれの登場の仕方を考えられるのが、板垣 恵介の天才だと思っています。
話は、1巻かかって、勇次郎が1発パンチをいれただけだけど。そこが、凄いんだよ。


自由だ

ピクル 範馬刃牙(10.5)外伝

恐竜を喰っていた男ピクル。
突然思いついて、1巻かいた?
わざわざ外伝にしたのは、バキと絡む前に、強さを見せておきたかったというのもあるかもしれませんが、板垣 恵介、自由だ。