時の地平線一覧

士元が~、士元が~

時の地平線9 諸葛孔明

若(と書いて「バカ」と読む)馬超登場(笑)
結局、なにをしたいのかよくわからないこの人。北方三国志では、結構いい役もらっていたが、それほどのものか??

そして、士元がとうとう退場。

「必要な悪などない!」

と、言い切ってしまえるこの物語のなかの軍師たちは、すごい好きです。

英さんも、かわいく大きくなってました。
やっと、恋に落ちた?


あれ、まだ蜀とってないやん

時の地平線8 諸葛孔明

ということで、思えば、イヤなことは全部、士元がしてくれます。
孔明、いい友だちを持ったな。

このあたり、本当は、心の奥底では孔明自身も理解しているハズなのに、見ないふりをしている気がしてしかたないですね。


きれいな蜀取

時の地平線7 諸葛孔明

世界で1番武将がないがしろにされている三国志(笑)
読んでいる本や、マンガが、なぜか一斉に蜀取りの話に入ったという感じで、不思議な気もします。

さすがに、こんなにきれいなもんではないだろうなぁと思います。
でも、このマンガの人物解釈は、きらいではないです。
孔明は、ちゃんと、性格悪い部分もあるし(笑)あそこで、曹操を逃がしたのは自分とかいうか~普通(笑)

そういえば、ほう統士元って、もう死んでるハズでは?

諸葛の「葛」の字が違っているような気がしますが、字がないです。