2003年09月一覧

入道雲にのって夏休みは行ってしまった その1 大阪で生まれたゲーム会

8月31日、日曜日。
夏休みの最終日。
記念すべき第1回の「ゆうもあゲーム会・大阪」が開催されました。

第1回とはいうものの、スタッフのほとんどは、「うつぼゲーム会」を経験しているメンバーです。
そういう意味では、会場が違うというだけで、運営には支障はないはずなのですが、気になるのは、お客様です。
何人ぐらいの方が、来てくださるでしょうか?

夏休みというファクターがけっこう人数を読みにくくしています。
家族で出かけていてゲーム会には不参加ということで減少する可能性もありますし、ぎゃくに、休みだから1度ゲーム会に参加してみようというご家族もあるかもしれません。
しかも、夏休みの本当にド最終日。子どもたちは、夏休みの宿題の追い込みにかかっていて意外と忙しいかもしれません。
しかも、今回は、靱会館から、大阪市立西区民センターに会場がかわっています。地理的な理由でこれなくなっちゃうご家族も……あるのかな?(断言するほど大阪の地理に詳しくなかったという)
その分、スプリングフェスティバルをやった場所ですので、その関係の子たちが来てくれたらうれしいなぁ。

家族単位で動かれることが多いですので、一気に参加人数が4人とか5人まとまりでかわってきます。

今回の会場である「大阪市立西区民センター 第4・5会議室」は、行ってみると100人ぐらいまでゲームができる広さでした。
会場の用意は、整いました。さて、あとは、どれぐらいの方が来てくださるかですねぇ。

午前中は、

「ちょっと少ないねぇ」

と心配の声もあがっていたのですが、もともと、「うつぼゲーム会」のときも、人数が爆発するのは、午後からなんです。

そして、「ゆうもあゲーム会・大阪」も、お昼を食べてからが、本領発揮でした。
なんと、参加人数は、スタッフ9名をふくめて64名。
「うつぼゲーム会」から数えても、またまた、新記録達成でした。
もちろん、会場は広くて、ゆうゆう遊べていましたよ。

えーと、もう1つのニュースですが、今回、「ゆうもあゲーム会・大阪」に、朝日新聞の取材がはいりました。
一階代表をはじめて、ご家族連れの参加者に、いろいろとインタビューをしていました。

その成果は、東では4日の朝刊に、西では7日の朝刊に掲載されました。

残念ながら、りんのところには取材に来ませんでした。
せっかく素晴らしい理想と輝く未来の話をしようと思っていたのに、残念です。

「わた、わた、わーたしーは、ダイナマイト

嘘です。緊張するとしゃべれなくなるので、よかったよかった。

7日の新聞読みました。

「なぜか流行」「心つなぐアナログ?」「とりあえず親は歓迎」

「なぜか」、「?」、「とりあえず」という表現が、なんか、若干気になります(笑)
まだ、言い切る気にはなれなかったらしい。
わたしなら、言い切ってるんだけどねぇ。


武吉登場

殷周伝説6

そういえば、「ルルの館」の感想で、「わたしの妲己のイメージはルルです」と書こうと思っていたのに忘れていました。
ちょうどいいので、ココに書いておこう。

あいかわらず、山場なく淡々と物語は進んでいく感じです。


いまだかつてない、クトゥルー神話

栞と紙魚子2

いや、クトゥルーちゃんが、滑り台で逆にすべり上がったところとかを読んで、爆笑してしまっています。
どういう、感覚をしているんや~。この人は~。

でも、おかしなことに、なぜかこの世界は、好きです。

わたしは、ずっと、ますむら・ひろしのヨネザードが、前世の故郷だと思っていましたが、この胃の頭町も、けっこう故郷かもしれんと思っています。
なんか、住みやすそうだと思いませんか?


好きと惹かれるのは、別の感情かもしれない

ルルの館

「宿無しミュウミュウ」という昔話(大正だか、昭和初期だかの話だったと思います)を聞いたことがあって、それに似ているなぁと思いました。

川西蘭は、他の人が書くと陳腐だったり、腹が立ったりするストーリーでも、不思議と、質の良いファンタジーを読んでいるみたいに読ます。
それは、1番大きいのは、文体の問題なのだと思います。こういう文を書きたいなぁと、未だに読むと思ってしまいます。

解説で、飯千恵子が、コワイ小説と書いていたけど、それは、わたしには理解できない。
男だからかな。
とっても、ロマンチックなお話なのだと思うわけですよ。

そして、男だけが年老いて骨になっていって、ルルだけがそのままの姿で館に住み続ける。

ルルの館

川西 蘭 / 集英社(1991/07)