ダニエル・ワレス,マーコ・ピエルフェデリチ,光岡三ツ子,読書Andrew Hodges,Daniel Wallace,Mirco Pierfederici,SPIDER-MAN,スパイダーマン,スパイダーマンの日常,ダニエル,ダニエル・ワレス,マーコ・ピエルフェデリチ,子ども

スパイダーマンの日常

消えたので、書き直しです。
完全に消えているので、うろ覚えですが。

なんだろう。
マニア向けというよりは、子ども向けの絵本的な……。
こんなのが訳されるというのは、良い時代になったと思います。

思いますが……、読んでおもしろいものでもない。

ダニエル・ワレス,Daniel Wallace,
マーコ・ピエルフェデリチ,Mirco Pierfederici,
光岡 三ツ子
講談社
発売日 : 2016-05-31

スコット・イートン,スタズ・ジョンソン,デニス・カレロ,トッド・ノック,ピーター・デビット,ファビアン・ニシーザ,御代しおり,石川裕人,読書Peter David,Scot Eaton,SPIDER-MAN,Todd Noick,シビル・ウォー,スコット・イートン,スパイダーマン,トッド・ノック,ピーター・デビット,フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン

フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン シビル・ウォー

シビルウォー関連21冊目。そして、そのうちのスパイダーマン関係3冊目だそうです。
21冊かぁ。シビルウォー終わらないわけだなぁ……と。そして、スパイダーマンの人気、半端ないな。

それだけやっばり、ライターも読者も、スパイダーマンに感情移入しやすいということなんだと思います。
ぼくらのヒーローっていう感じですね。

わたしも、マーベルヒーローの中では、スパイダーマンとXメンたちが1番好きです。

フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン・ウォー
(MARVEL)
FRIENDLY NEIGHBORHOOD SPIDER-MAN
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

トッド・ノック,Todd Nauck,
スコット・イートン,Scot Eaton,
ピーター・デビット,Peter David,
御代 しおり

ヴィレッジブックス

エンジェル・メディーナ,クレイトン・クレイン,シーン・チェン,ロベルト・アギーレ-サカサ,秋友克也,読書Angel Medina,Clayton Crain,Roberto Aguirre-Sacasa,Sean Chen,SPIDER-MAN,エンジェル,エンジェル・メディーナ,クレイトン・クレイン,シビル・ウォー,ピーター・パーカー、スパイダーマン

ピーター・パーカー、スパイダーマン シビル・ウォー

もう1つのスパイダーマンのシビル・ウォー。
シビル・ウォーの影響を1番うけたのは、実はピーター・パーカーだったかもしれないですよねぇ。

後半は、ブラックキャットの話が中心になっていて、でも、これもいい話です。

ヒーローとしての人生は、自分の人生の何パーセントなのか?

いつも、それを問いかけている、スパイダーマンらしいお話になっています。

ピーター・パーカー、スパイダーマン シビル・ウォー
(MARVEL)
PETER PARKER, SPIDER-MAN
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

クレイトン・クレイン,Clayton Crain,
エンジェル・メディーナ,Angel Medina,
ショーン・チェン,Sean Chen,
ロベルト・アギーレ-サカサ,Roberto Aguirre-Sacasa,
秋友 克也

ヴィレッジブックス

ジェフ・パーカー,ロジャー・クルーズ,読書,高木亮Jeph Loeb,SPIDER-MAN,Tim Sale,ジェフ・ローブ,スパイダーマン,ティム・セイル,小学館,小学館集英社プロダクション,集英社,MARVEL

スパイダーマン ブルー

グウェンとの思い出を語るピーター・パーカー。
わたしら古いファンは、多分、大泣きしています。

でも、グエンが誰で、どうなったのかを知らない人にとっては、なんのことなのかはわからない物語だと思います。

ピーター、けっこうモテてるやん。

そして、MJの最後のセリフ……。
もう、わたしにとっては最高傑作です。

ロン・ガーニー,今井亮一,御代しおり,読書,J・マイケル・ストラジンスキーJ. Michael Straczynski,Ron Garney,SPIDER-MAN,アメージング・スパイダーマン,シビル・ウォー,ヴィレッジブックス,J・マイケル・ストラジンスキー,MARVEL

アメージング・スパイダーマン シビル・ウォー

なぜ、ヒーローは正体を隠さなければならないのか?
今まで、散々考えてきたことなのに、コロッとトニー・スタークに欺されている感の強いピーターです。

トニーはもちろん、リードなんかも、どうなるかは想像できていたけど、ピーターにはできていなかった。そのあたりは、やっぱり甘いというか、下っ端感があふれています。

それでも、そこがピーターの良いところだという気もします。