カルロ・パグラヤン,クリストス・N・ゲイジ,ジェフリー・フェット,ダニエル&チャールズ・カウフ,ハーベイ・トリバオ,ブッチ・ガイス,ロベルト・デ・ラ・トーレ,御代しおり,石川裕人,読書Adam Archer,Alex Maleev,Andy Kubert,Butch Guice,Carlo Pagulayan,Christos N. Gage,Harvey Tolibao,Jeffrey Huet,Roberto De La Torre,アイアンマン

アイアンマン ホーンテッド

消えたので書き直しです。

シビル・ウォー後。体は超人になったけれど、精神的には弱いところのあるアイアンマン。人間的ではある。
しばらく、このテイストが続く感じかな。なんか、たいした敵と戦っている感じではないのですが、精神的に疲れてきて、そこに攻撃をうけている感じです。

ロベルト・デ・ラ・トーレ,Roberto de la Torre,
ブッチ・ガイス,Butch Guice,
カルロ・パグラヤン,Carlo Pagulayan,
ジェフリー・フェット,Jeffrey Huet,
ハーベイ・トリバオ,Harvey Tolibao,
ダニエル&チャールズ・カウフ,Daniel & Charles Knauf,
クリストス・N・ゲイジ,Christos N. gage,
御代 しおり,
石川 裕人
ヴィレッジブックス
発売日 : 2013-10-19

ジョゼッペ・カムンコリ,ブライアン・リード,マイク・ウィーリンゴ,ロベルト・デ・ラ・トーレ,御代しおり,読書Brian Reed,Giuseppe Camuncoli,Mike Wieringo,Roberto De La Torre,シビル・ウォー,ジョゼッペ・カムンコリ,ブライアン・リード,マイク・ウィーリンゴ,MARVEL,Ms.マーベル

Ms.マーベル シビル・ウォー

わたしが、アメコミを読み出したのって、X-MENからで、その頃のX-MENにはもうすでにローグがいてですねぇ、つまり何がいいたいかというと、割とMs.マーベルは退場状態だったのではないかと。
もちかすると、翻訳されていないだけで、そんなことはなかったのかもしれないけれど。

ということで、わたしのMs.マーベルの認識は、ローグの力のコピー元。

そして、この本、前半はシビル・ウォーですが、後半は、まったくそんなことどっかにいってしまって、ローグとMs.マーベルの確執のお話になっています。まあ、確執があるのは、別次元からの……ですけどね。
けど、そこは、知識としてはしっかりあるので、けっこうわかりやすくてよかったです。

Ms.マーベル シビル・ウォー
(MARVEL)
MS. MARVEL
A MARVEL COMICS EVENT
CIVIL WAR

ロベルト・テ・ラ・トーレ,Roberto De La Torre,
マイク・ウィーリンゴ,Mike Wieringo,
ジョゼッペ・カムンコリ,Giuseppe Camuncoli,
ブライアン・リード,Brian Reed,
御代 しおり

ヴィレッジブックス