オリビア・コワペル,マルコ・ジャージビック,秋友克也,読書,J・マイケル・ストラジンスキーJ. Michael Straczynski,Marko Djurdjevic,Olivier Coipel,ソー,マルコ・ジャージビック,ヴィレッジブックス,秋友 克也,J・マイケル・ストラジンスキー,MARVEL

ソー2 邂逅

正しさ故に道を誤っていくという、この感じがいいねぇ。
ロキ様の破滅的な行為も、良い感じで弱点をついていきます。これで、調子にのらなければねぇ。

正義の考え方が、やっぱり日米で違っていて、そこがおもしろいなぁと思います。日本だとやっぱり、間違えないことこそ正義なのですが、間違っていても正義はありうるということをアメコミや物語は語っている気がします。

オリビア・コアペル,Olivier Coipel,
マルコ・ジャージビック,Marko Djurdjevic,
J・マイケル・ストラジンスキー,J. Michael Straczynski,
秋友 克也
ヴィレッジブックス
発売日 :

オリビア・コワペル,秋友克也,読書,J・マイケル・ストラジンスキーJ. Michael Straczynski,Olivier Coipel,THOR,オリビア・コワペル,シビル・ウォー,ソー,ヴィレッジブックス,帰還,秋友 克也,J・マイケル・ストラジンスキー

ソー1 帰還

シビル・ウォー後の地球に帰還するソー。
大分、いろいろこじれています。

そして、ロキが……。これは、おもしろい展開だ。

オリビア・コワペル,Olivier Coipel,
J・マイケル・ストラジンスキー,J. Michael Straczynski,
秋友 克也
ヴィレッジブックス
発売日 : 2015

オリビエ・コワペル,ジム・チェイン,パスカル・フェリー,ブライアン・マイケル・ベンディス,レイニル・ユー,御代しおり,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,Jim Cheung,leinil Yu,Olivier Coipel,Pasqual Ferry,アイアンマン,アベンジャーズ,オリビエ・コワペル,シビル・ウォー,ジム・チャン

ニューアベンジャーズ シビル・ウォー

ニューアベンジャーズの面々、それぞれのシビル・ウォー。
まあ、アレですね。アイアンマンの支持されていなさが強調されている感じがしないでもない。

まあ、ヒーロー達が誕生したのが、政府や公的な組織が裁けない問題があるからなので、しかたない気がしますが。

ハワード・チェイキン,Howard Chaykin,
レイニル・ユー,leinil Yu,
オリビエ・コワペル,Olivier Coipel,
パスカル・フェリー,Pasqual Ferry,
ジム・チャン,Jim Cheung,
ブライアン・マイケル・ベンディス,Brian Michael Bendis,
石川 裕人,御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2012-10-20

オリビア・コワペル,ブライアン・マイケル・ベンディス,御代しおり,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,Michael Bendis,Olivier Coipel,アベンジャーズ,ウォッチメン,オリビア・コワペル,ハウス・オブ・M,ブライアン・マイケル・ベンディス,ヴィレッジブックス,歴史

X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

クロスオーバーなシリーズ。

世界としては、教授が死んでいて、マグニートーが支配している歴史が変わった世界なので、「エイジ・オブ・アポカリプス」とよく似た感じ。
まあ、あっちは、マグニートーが世界を支配はしていなかったか。

アポカリプスはいなくて(?)、割りと危機を回避した世界で、マグニートーは、英雄。
結局、この人、教授がいるとコンプレックスやら、教授の精神操作なんかの影響で邪悪になってしまうのでは?と、わたしは、いつもの教授黒幕説(笑)
まあでも、教授がいないと割りといい人なのではないかと思います。
そして、この世界は、基本平和。

偽りの平和か、苦い真実(破滅につながる)か、というのは、「ウォッチメン」の時にもあった選択で、どちらも、作品的には最終的には、「それでも真実」が選択されています。
でも、作品のでき不出来は関係なく、それって、正しい選択肢なのかな~と思う自分がいます。

わたしなら、そっちは選ばないかも……。あぁ、それは、その世界での自分の身の振り方によってかわるかも……身も蓋もないな。

オリビア・コワペル,Olivier Coipel,
ブライアン・マイケル・ベンディス,Brian Michael Bendis,
石川 裕人,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日:2010-10-30