John Byrne一覧

二代目はパパ

アントマン プレリュード

ちょっと、追いついてきたかな。といいつつ、プレリュードシリーズはまだ、「スパイダーマン」と「ドクター・ストレンジ」が残っていますが。
映画版は、まあ、アントマン自体、そんなに知らないし、しかも、ハンク・ピムじゃないという。でも、このお父さんいい人で、けっこう楽しかったです。2代目をいきなり映画にするとは、なかなか、マーベルの英断でした。

コミックスの方は、ハンク・ピムの時代からということで、「エージェント・カーター」のペギー・カーターが出てきたりと楽しいですね。だいぶ、ベテランになりすぎたカーターでしたが。こういう、歴史の厚みはアメコミの面倒くさいところでもあるのですが、魅力でもありますね。まあ、途中で、パタパタ設定変わったりもするので、あんまり厚みではないかもしれないですが(笑)

そして、エイジ・オブ・ウルトロンのハンク・ピム。映画ではたしか、トニーが作ったことになっていたウルトロンですが、マンガ版ではピム博士が作ったことになっているようです。あいかわらずのトラブルメーカーかぁ。

ミゲル・セプルベタ,Miguel Sepulveda,
ジョン・バーン,John Byrne,
ラモン・ロザナス,Ramon Rosanas,
アンドレ・アラウジョ,Andre Lima Araujo,
ウィル・コロナ・ピルグリム,Will Corona Pilgrim,
デビッド・ミケライニー,David Michelinie,
ニック・スペンサー,Nick Spencer,
マーク・ウェイド,Mark Waid,
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2015-08-26

映画、超よかった!!

X-MEN フューチャー&パスト

X-MEN デイズ・オブ・フューチャーパスト

映画、「X-MEN フューチャー&パスト」を見てきました。
めっちゃ、良かったです。

まあ、わたしが昔からのX-MEN好きだということを省いても、今までのマーベルのアメコミ映画のなかで、ベストといっていい出来だったんではないかと思います。
しかも、今回、シリーズものとしてもよかった。

シリーズ物って、「3」ぐらいまでいくと金はあるんだけどなんだかどんどんお話はいろんなもの出し過ぎでわけがわかんなくなっていく傾向があると思います。特に、旧「スパイダーマン」の3とかは、なんか、作品をうまく収拾できなかった感じが大きかった。

でも、この物語は、今までの「X-MEN」の物語のラインの全ての続編でありながら、単品としても見られて、しかも、確かに全部をまとめた凄い映画になっておりました。

ということで、この映画の原案であるアメコミ「X-MEN デイズ・オブ・フューチャーパスト」も勢いで読みました。
映画の「フューチャー&パスト」の出来があまりにもよかったので、ちょっと期待度が上がりすぎでしたねぇ。
この本の価値としては、フェニックス・サーガの続きが読めるというところかなぁ。

デイズ・オブ・フューチャー・パストの話自体は、短いです。どっちかというと、ジーン・グレイ亡き後、サイクロップスの抜けた後のストームがリーダーになったX-MENの活躍と、そこに、新人若手のが、キティ・プライドがどうやって成長して馴染んでいくのかという話が中心です。

そして、未来がどうなったかも、けっこうわからないままで終わってしまいます。まあ、ずっと続いていく物語なのに、未来が確定したら困りますからねぇ。
といいつつ、今まで、何人も未来からヒーローが来ているX-MENなのですが。

以下、ネタバレも含めての映画の感想です。

ジョン・バーン,John Byrne,
ジョン・ロミータ・Jr.,John Romita Jr.
クリス・クレアモント,Chris Claremont,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2014-05-20

続きを読む