ブライアン・マイケル・ベンディス,マーク・バクリー,坪野圭介,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,Mark Bagley,アベンジャーズ,ブライアン・マイケル・ベンディス,ベノム,マイティ・アベンジャーズ,マーク・バグリー,MARVEL

マイティ・アベンジャーズ ベノム・ボム

なんか、トラブルメーカーはいるわ、異星のスパイはいるわで、前途多難なアベンジャーズです。
そして、ベノム・ボムは、けっこう派手で大きなことですが、あっさり終わって、それ自体は大きな戦いのきっかけに過ぎないと。

トニーが、人を信用しなさすぎです。まあ、今この状態で誰を信用したら良いのかはわからないかもしれませんが。

ブライアン・マイケル・ベンディス,マイケル・ゲイドス,秋友克也,読書Brian Michael Bendis,Michael Gaydos,シビル・ウォー,ジェシカ・ジョーンズ,ブライアン・マイケル・ベンディス,マーク・ミラー,ヴィレッジブックス,秋友 克也,MARVEL

ジェシカ・ジョーンズ エイリアス AKA 謎の依頼者

表紙の絵は悪くないんだけど、中の絵はなんというか、メッチャくすんでいます。わざと汚したような画風。これが、大人向けという意味か。
ということで、あんまり期待せずによんだのですが、内容は、それなりにおもしろかった。

普通のマーベルのアメコミでは扱えない、それでいてちゃんとスーパーヒーローのことがかいてあります。物語の流れとしては、「マーベルズ」に似た感じかな。スーパーヒーロー達の光の部分だけではなくて、影の部分もかいていく。
でも、だからといって、ヒーローの否定に繋がらない。そういう話です。

ジェシカって、シビル・ウォーでは、ルーク・ケイジの奥さんとしてでてた人ですよね。まあ、ルーク・ケイジ自体も、ほとんど知らない感じだったのですが、これが、なれそめみたいな感じです。ルーク・ケイジ、いい奴という事がわかりますね。

やっぱり、アメコミではスーパーヒーローを読みたいという気持ちが強いので、すごいいいとは思わないのですが、それでも「正義」は示されるので、マーク・ミラーのヴィランの話よりはすっきりします。

フランク・チョウ,ブライアン・マイケル・ベンディス,坪野圭介,石川裕人,読書Brian Michael Bendis,アベンジャーズ,シビル・ウォー,フランク・チョウ,ブライアン・マイケル・ベンディス,マイティ・アベンジャーズ,ヴィレッジブックス,MARVEL

マイティ・アベンジャーズ ウルトロン・イニシアフィプ

シビル・ウォー、そして、キャップ亡き後のもう一方のアベンジャーズ。
こっちが、本物……といいたいところだけれど、精神的に安定しない人ばっかりで、Ms.マーブルことキャロル・ダンバースがメチャクチャ苦労するという……。

まあそれでも、敵はけっこう明確でわかりやすいか。
メンバーのバランスって、やっぱり大事なのな。

アレックス・マリーヴ,ブライアン・マイケル・ベンディス,レイニル・ユー,松澤慶香,石川裕人,読書Alex Maleev,Brian Michael Bendis,leinil Yu,アベンジャーズ,アレックス・マリーヴ,シビル・ウォー,ニューアベンジャーズ,ブライアン・マイケル・ベンディス,レイニル・ユー,ヴィレッジブックス

ニューアベンジャーズ レボリューション

なんというか、まだ、シビル・ウォーの影響を引きずっている感じですねぇ。
その中で、ドロップアウトしていくもの、新たな敵を求めるもの。

赤毛のワンダが、なんとも美しい。これなら、ホークアイでなくたって沈むわ。

そして物語は次の山場へ。

アレックス・マリーヴ,Alex Maleev,
レイニル・ユー,Leinil Yu,
ブライアン・マイケル・ベンディス,Brian Michael Bendis,
石川 裕人,松澤 慶香
ヴィレッジブックス
発売日 : 2013-01-19

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン,ウィル・コロナ・ピルグリム,カート・ビュシーク,ジョン・ビュッセマ,ジョージ・ペレス,ジョー・ベネット,ブライアン・ヒッチ,ブライアン・マイケル・ベンディス,ロイ・トーマス,光岡三ツ子Brian Michael Bendis,George Perez,Joe Bennett,John Buscema,kurt busiek,Roy Thomas,Will Corona Pilgrim,アベンジャーズ,ウィル・コロナ・ピルグリム,エージェント・カーター

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン プレリュード

「映画を見る前の復習に役立つ」1冊ですが、完全に映画を見終わって、しかも、映画の内容をそろそろ忘れてきた頃に読んでいます。
まあでも、映画とは直接関係ない後半の物語は、設定が違っていたりして、アメコミを追いかけていない映画ファンは、かなりとまどうと思います。

映画版のエイジ・オブ・ウルトロンは、けっこうおもしろかったという印象が残っています。ワンダがスカーレットウィッチのコスチュームじゃなかったのが、ちょっと残念だったかな。赤いジャケットもかっこいいんだけれど。

ジョー・ベネット,Joe Bennett,
ジョン・ビュッセマ,John Buscema,
ジョージ・ペレス,George Perez,
ブライアン・ヒッチ,Bryan Hitch,
ウィル・コロナ・ピルグリム,Will Corona Pilgrim,
ロイ・トーマス,Roy Thomas,
カート・ビュシーク,Kurt Busiek,
ブライアン・マイケル・ベンディス,Braian Michael Bendis,
光岡 三ツ子
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2015-07-29