秋田文庫一覧

かおを見あわせ 手をとりあって

あ~ら わが殿!

「摩利と新吾」は、今でも時々、無性に全巻通して読みたくなるマンガです。

その原型「あ~ら わが殿!」。摩利と新吾は出てくるけれど、あとの「摩利と新吾」とは合流しない外伝的なお話です。

木原敏江のマンガのなかで、この「摩利と新吾」話と「点まであがれ!」が、なんていうか青春のにおいがして好きなのです。
スターシステムで、おんなじキャラが出ているというのもあるのですが(笑)

まぁでも、今回読み直してみて、特に物語のスタート時の新吾の性格は、わたしの覚えている「摩利と新吾」よりも、激しくてちょっとビックリしましたが。

あと、ツンデレキャラって、この時代からいたんだ。
さすが、木原 敏江。わかってる。


女の子のイケズ

ロン先生の虫眼鏡2

そうそう、この「うどんげの花」話、ものすごく覚えています。

まだ、父親の実家には、お皿のついた裸電球があって、ある日、見たらありました。うどんげの花。

先に、このお話を読んでいたから、これが卵で、不吉なものではないと知っていたはずなんですが、

「おそろい事がおこる~」

とか思ったのは、やっぱり、おバかな男子だったんだと思います。

この主人公以下だったのかも(笑)

そして、女の子が集まったときのイケズな感じといったら、怖いわ。


格調高く、軽やかに

エロイカより愛をこめて23

本当に、軽やかです。
なんか、この世代の人たちのマンガを読むごとに書いてる気がしますが。

なんで、こんなに軽やかなんだろうと思います。
ジェームズくんだけでなく、伯爵ももちろん、少佐も、ミーシャも、軽やかだ。

ハードな世界には、もうもどれないんじゃないかと思います。

でも、ハードな世界が出てきても、軽やかにかいちゃうんだろうなぁ。


今年の1冊

悪魔の花嫁7

多分、この1冊が今年の分。
次はまた、1年後(笑)

けっこう、デイモス、友だち多いという……。さすが、リア充?

そしてまあ、1年後に読もうが10年五に読もうが、大丈夫。
それって、けっこう凄い。


夢見て走る死の荒野

サイボーグ009 4

今回読んでみて思ったのですが、これも、ある意味「神々との戦い」なんですよね。
終わり方、昔読んだときは、なんのこっちゃと思っていました。けれど、今読むと余韻のあるいい終わり方です。