SHUEISHA ULTRA JUMP COMICS(愛蔵版)一覧

次のステージへ

銃夢7 HYPER FUTURE VISION 新装版

完結。
こんな終わり方でしたっけ?
すでに、旧版のコミックスが手元にないので確かめようがないですが。

続編のために、ちょっと結末が変わっているのかな?
しかし、なんかこの新装版のために、今の「銃夢Last Order」自体が、けっこう大変なことになっているみたいですねぇ。

それなら、この「銃夢」を含めて、全部講談社から出したら良かったのにとか、ちょっと思ったりもしています。うーむ。

内容の感想ではないですが……。


馬の人でした…

銃夢6 HYPER FUTURE VISION 新装版

電、やっぱり、馬の人でしたね。記憶どおりでよかったよかった。

GRシリーズがでてきて、別の話にまたなっちゃった気がします。今の「銃夢 Last Order」の流れも、こっちですよねぇ。
うーん、前の流れの方が好きといえば好きです。


馬の人……ではなかったか

銃夢5 HYPER FUTURE VISION 新装版

そうそう、電だ。電。
このあたりから、凄いお話なんだけれども、若干、まとまりがなく感じ始めていたのも確かです。

でも、今読むと、けっこう一貫したお話だと思います。

わたしの記憶では、電の下半身は、馬だったのですが……記憶違いかな?


カルマ

銃夢4 HYPER FUTURE VISION 新装版

 ノヴァ登場の巻。
これからどうなってくのか、あんまり覚えていなのだけど、ノヴァに引きずられていく展開だったような気が。

いや、もう1人、大きな馬みたいな人が出てきたような……。

ザパンの話は、好きです。
でも、これで全体の結論が出てしまっている気もします。


前へ

銃夢3 HYPER FUTURE VISION 新装版

 しがらみが増えていく。
それは、けっして悪いことではないと思う。

時には、背負った義務の重さに、耐えられなく感じることがあっても。多分、それがエンジンになる。

前へ。