RYU COMICS SPECIAL一覧

そして、ストーリーテナー

のろい屋姉妹 ヨヨとネネ 下

完結編。
きれいに、お話が「のろい屋しまい」につながっていきます。

まあ、わたしは「なんでヨヨさん、寝てたんだっけ?」とか思っていますが。
あと、モモちゃん、いいわ。ツンだツン。

ストーリーを紡いでいる存在がいたと……。
うーん、どうなんだろう。


体にひっぱられる心

性別X恋愛白書

女から男へ変化していく時期のリアルタイムなお話。
まぁ、悩みもあったんだろうけれど、その状況を自分も周りも楽しんでいる感じもあります。

恋人は、まさか、今の状況にまでなるとは思ってなかったろうな。さすがに……。


さらに、ゴチャゴチャ…

のろい屋姉妹 ヨヨとネネ 上

ひらりんのかく話は、どうしても、設定が多すぎて、わかりにくくなりがちだな~。
これは、多分、裏設定でいいような設定を、無理に表に出そうとしてしまうからか?

この話自体も、設定の説明的な話です。
だからといって、おもしろくないわけではないのだけれど、決しておもしろいわけでもないという……。

その点、設定読んでも、物語読んでもおもしろい永野 護は、やっぱり天才だと思います。


最後は、家族力

性別R!2

おおらかな家族で、本当にこの人にとっては、ラッキーだったなぁと思います。

普通、もっと悩むよなぁ。もちろん、悩んでいて、まだ消化し切れていない部分は、マンガになっていない部分なんだと思いますが。
それでも、これだけたくさん消化できているって、凄いです。

そのままでいいと認めてもらえるのは大切です。


おもしろさは1.5倍ぐらい?

とりから往復書簡3

最終巻。
なんか、グダグダな感じで終了に……。

まあ、今までも、そうか……。うん、まあ、おもしろかったです。