PHP文庫一覧

未来への投資

池上彰の「日本の教育」がよくわかる本

要するに、自民党が地方の力をそぐために、地域住民の選挙で選んでいた教育委員という制度を廃止した。
そして、その当然の結果として、教育委員会は機能不全に陥った。
なのに、それは全部、日教組の所為にして、またメチャクチャなことをしようとしている。

本当は、専門的な分析や研究が必要なのに、視聴率がとれてしまう少年犯罪と同じように、誰でもが語れてしまうがゆえに、恰好の人気取り手段として、今も、「教育」は使われ続けている。

そして、今度は「教育」は、首長の人気取りの手段として、狙われていると。

悪いことは一気に来てすべてを押し流してしまうけれど、良いことはコツコツと一歩ずつしか進んでいかない。
そのことを本当に、考えなければならないときのような気がします。

割と今まで、どの陣営の批判もしてこなかった池上さんが、ストレートに自民党批判をしている気がします。そして、それとともに、けっこうテレビから干されているのと思うほど出番が少なくなってきている感じがして、不気味な世の中になってきたなぁと感じます。

今の文部科学大臣……。


そんなにすっきりはしない

超訳「哲学用語」辞典 すっきりわかる!

その心意気ほどには面白くなかったという……。
辞典よりも、他の本の方がおもしろいのかな。

でも、飲茶という最強の人とどうしても比べてしまうからなぁ。


千早振る

こんなに面白かった「百人一首」

「こんなに」というほどではないのだけど、まぁ、遊ぶのにちょっとずつでも知識があると、おもしろくなるよねぇという話です。

「ちはやふる」も、さらに楽しくなるかも。

そのための教養。


江戸の魅力

杉浦日向子の江戸塾

これを読んでも、

「江戸って素敵!!」

とか、

「江戸に住んでみたい!!」

とかは、思いません。
わたしは、やっぱり、田舎ものですから。

でも、江戸の街が、他の街とは違って、ものすごく「変」で、雑多で、いろんな意味で、魅力的な街であることは、とっても伝わってきます。

だから、杉浦日向子は、江戸のことを研究するのに一生を捧げたんだなぁと……そっちの方が、感慨深いものがあります。