HELLSING一覧

ロマンシア

HELLSING10

ラストまで、ハイテンション。
そして、きれいに畳んだ感じですねぇ。

たった10巻だというのが、けっこう信じられないぐらいの密度でした。まあ、密度が濃いというのは、狭いところに圧縮されているからなんですが。

最後は、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」にもっどっていくあたり、すごいしっかりした着地だったなぁと思います。


私は私だ

HELLSING9

それぞれに、いい感じで、キャラクターが立っています。
そして、ズーッとテンションの高いクライマックス。

牙を隠しながら磨いてきたウォルター。

裏切りを超えるインテグラ。

「人間」として生きる少佐。

それぞれに、業が絡みあっています。


それがたとえ那由他の彼方でも

HELLSING8

人間の業の深さ。
それ故の凄さ。

ここまでいっちゃうお話だとは思っていませんでした。

ニコ・ロビンについては、わたしも同感……。



闘いの意味

銃夢Last Order 5

多分、意味はないのではないかと。
闘いが好きなんでしょうね。

その意味では、「銃夢」よりも、「HELLSING」の方が健康的かも。