21エモン一覧

かわいくないけど、読んでみ

モジャ公 藤子・F・不二雄大全集

はっきり言って、なんの期待もせずに読み出したのでした。
モジャ公、なんか毛のないヤマアラシみたいで、カバー絵見ても色的にもかわいくないし。

でも、これがよかった。
なにがよかったって、お話が短編の読み切りではなくて、けっこう長いストーリーなところがよかったです。

「ドラえもん」とか読んでいると、このわずかなページに、よくこんな濃い物語が入っているなあと感心することがあるのですが、冒険は、やっぱり、これぐらいのボリュームがある方がいいなぁと思ったりしました。

ロボットが、ゴンスケとちょっと同じような性格なんですが、こっちの方が愛嬌ある気がします。

「21エモン」よりも、こっちの方か楽しい感じになっています。
まぁ、「21エモン」も、ちょっとだけ大人の香りがあったのですが、これは、もうちょっとその感じが強いです。
いいのか、コレ的な。

主人公が、無茶苦茶な乱暴者(でも弱い)というところも、すごいなぁと思います。

ダイヤモンドが、選んだところを思い出した。


あこがれの宇宙へ

21エモン2 モンガーちゃん 藤子・F・不二雄大全集

けっこう、基本1話完結でありながら、ストーリーが積み上がっていく感じが新鮮です。
以前読んだことはあって、その時から今までもっていた印象は、ホテルでウダウダしているだけのマンガだったのですが、けっこう、宇宙旅行もしていて、なんていうか、飽きない仕組みになっています。

これ、「ドラえもん」より前にかかれたマンガだったんですね。
わたしは、きっと、「ドラえもん」の後で読んでます。


つづれ屋にようこそ

21エモン1 藤子・F・不二雄大全集

今初めて知ったけど、「ドラえもん」とは違って、エモンが、ひらがななんですね。

少し、年齢層が高い読者を対象にしたマンガのようで、結構、キャラクターの性格が、意地悪です。このあたりの仲の悪さは、「キャプテンフューチャー」が入ってるのかも。


夢見る才能

キテレツ大百科1 藤子・F・不二雄大全集

「はじめてのチュウ」、「お料理行進曲」と、なぜか大好き(というか、わたしてきにツボ)な歌が多い「キテレツ大百科です。

しかし、アニメ以前にキテレツを知っていたかというと、けっこう微妙。
「21エモン」、「エスパー魔美」、マイナーなところでは、「バケルくん」とかは大好きだったし、あと、藤子不二雄Aさんのこわいマンガのシリーズなんかは、知っていたのですが。「キテレツ」は、アニメで知ったのかも。

でも、コミック読んだことはあって、ラストシーンは、覚えているんです。

キテレツは、のび太と違って、賢い子というところがおもしろいですよね。