円城寺忍,天狼プロダクション,読書アムブラの休日,グイン・サーガ,グイン・サーガ外伝,ハヤカワ文庫,円城寺 忍,天狼プロダクション,早川書房,栗本 薫,黄金の盾

黄金の盾 グイン・サーガ外伝26

いいなぁ。この人、グイグイくるなぁ。
実は、この人が1番、栗本 薫の気質に近いのじゃないかと思います。

「アムブラの休日」も良かった。
なんていうか、王道のお話をきっちり照れずにかけるというのは、ひとつの才能だと思います。

そして、本編は、これさえも飲み込んで進んで行けよと思います。