高橋 留美子一覧

伝統芸能

境界のRINNE37

もうなんというか、特に短編は伝統芸能みたいになっておりますね。

こうやって、物語の後半、日常(?)がダラダラ続く感じも好きです。
この時期の高橋 留美子が実は一番好きなんですけどねぇ。


安定の

境界のRINNE36

新連載、始まっちゃいましたねぇ。
「境界のRINNE」は、40巻で完結。さて、今年中に読めるかな。けっこう、つめて読む予定ですが。

マンネリ?いや、こういうのを安定したおもしろさというのだと思います。


ツッコミ属性

境界のRINNE35

夏の海から、文化祭へ。
ゆるやかに、季節は移り変わっているのかな。

桜のツッコミは笑いのポイントなのですが、ラストの「今!?」っていうのが、メッチャ好きです。


格差の構造

境界のRINNE34

みごとなほど、格差社会です。
それが、一堂に会していて、けっこう踏み込まないと見えないところが、現代的なんだなぁと。

という同じ感想を21巻で書いてました
鳳が出てくると特にそれを感じるのかな。

水着回。
みんな、けっこう大胆な水着です。
といいつつ、ラムちゃんはいつもビギニだったよねぇと思ったりする。


平常運転

境界のRINNE33

平常運転の33巻。
沫悟、魔狭人ともに、りんね好きすぎで、ヤバイよねぇ。

まあそれでも、沫悟にも彼女ができたして、ラストに向かっている感じはあるのかなぁ。