香日 ゆら一覧

へんくつ

先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇

最近、読んだはずなのに、まったくエピソードが記憶に残っていない……。
と思って、確かめたら、読んだのは「漱石とはずがたり」だし、しかも読んだのは、そんなに最近でも無かったという。

夏目漱石は、生い立ちがおもしろいというか…ひどいよねぇ。


繋がったとき

漱石とはずがたり2

この知識と知識が繋がったときの楽しさって、勉強する楽しさそのものです。
だから、子どもでも誰でも、正しい勉強というのは、強いところを伸ばしていくことだと思います。


芸は身を助ける

漱石とはずがたり1

「知る」っていうことが、「楽しい」ということに気づかせてくれる1冊です。
こんなけ知ってれば、そりゃ楽しいわ。

ちょっと、腐なところも良いのではないでしょうか。