読書,黒咲練導アスキー・メディアワークス,セット,マンガ,放課後プレイ,電撃コミックス,黒咲 練導

放課後プレイ High Heels

主人公達は、最初にもどります。

読むのが久しぶりすぎるせいか、なんか感覚もリセットされていて新鮮でした。

この手のマンガって、どんどんエスカレートしていくことにならされちゃうところがあるからなぁ。
今なら、あつ森とかしてるんだろうか?

もちオーレ,読書もちオーレ,アスキー,アスキー・メディアワークス,レンタルショップでお姉さんをレンタルする話,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT,KADOKAWA

レンタルショップでお姉さんをレンタルする話

なんか、グイグイいくのは大切という話……かも。
まあでも、待っているだけではなんにもおこらんしねぇ。

危険も多いけど、リスクをとらん人間に、リターンはこないかもしれない。

まあ、リスクが破滅とかの場合もある気もするんだけれどねぇ。

もちオーレ,読書もちオーレ,ゆりなつ,アスキー,アスキー・メディアワークス,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT

ゆりなつ3 民宿かがや

完結。
まあ、なにが終わったという感じでもないので、また始まってもおかしくないし、背景に出てきてもおかしくない感じです。

でも、5姉妹が生まれたって事は、少なくとも花の年と同じ年数前には、根々母には、夫がいたということですからねぇ。その時には、どんなドラマがあったのか。

施川 ユウキ,読書マンガ,施川 ユウキ,銀河の死なない子供たちへ,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT

銀河の死なない子供たちへ 下

完結編。
珍しく、一気に読んでいます。この人のマンガは、こんなのが多いなぁ。好みに合うということだと思います。

死と永遠の生と、どちらかを否定するのではなく、その両方の生き方を両方とも肯定している感じが、なんとも好きです。
泣いた。

あんまり、プログ更新が進まなかった2018年。
そのラストをこのマンガの感想で締めくくれるのは、ちょっと幸福なことかもしれません。

読書,飯田ぽち。姉なるもの,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT,飯田ぽち。

姉なるもの2

広がっていく不穏な空気。
少しずつ見えてくるようで見えない「向こう側」。

わたしの解釈としては、同人版とコレは、同じ人に起こったことでエピソードの切り取り方だけが違うのだと思っています。

そして、どっちにしろ虚無を抱え込んでいるのは、夕の方だという。