集英社一覧

世界へ

ONE PIECE 82

なんか、メインの大きなお話が動き出したという感じがしますねぇ。
今までは、世界の動きは動きとしてあって、ルフィたちはその中の割と大きめのそれでも「波風」ぐらいの活躍だったと思うのですが、いよいよ、世界そのものに対して暴風雨を起こしていく。

今まで広げた風呂敷を存分に活かして、楽しい話がはじまる感じがあります。

ビビ、久方ぶりに見るとかわいいな。


新たな目標

キングダム41

六大将軍になるという新たな目標を得て、張り切る信。
しかし、敵は外側ばかりだと限らないという。

でも、そうやって味方同士でも喰い合いをするからこそ、強くなるものもあるのかも。
まあ、そこにいたくはないけれどもね。


好事魔多し

るろうに剣心-特筆版- 上

映画が作られたときにかかれた、「るろうに剣心」。本来のコミックスからは、ちょっと異次元なお話で、エッセンスだけをマンガにしたらこんな感じというものです。これはこれで、サクサクすすんで好きです。

えーと、これを読み始めたときには、まだ、捕まってなかったのですが、読み終わってから感想書くまでの間に、和月は……。

おそらく、頭の上がらないヨメ、泣かすなよ~と思いますな。まあ、みせしめ的なこともあるけど、しゃあないわなぁ。

そして、北海道編は……。

合掌。


マーベル・カンフー

インモータル・アイアンフィスト

マーベルが、カンフーブームのときにつくったヒーローということで、あんまり期待せずに読んだけれど、けっこう良かった。
まあ、基本的にわたしがアチョーっていう話が好きということはあると思います。

あと、シビル・ウォーの影響で、お話が渋くなっているというのはあるかもしれません。「デアデビル」とか、「ウィンターソルジャー」のちょっと重い路線だけども、重すぎないです。


国内統一編

キングダム40

秦の内乱、終了。
そしてそれは、秦が他国への侵攻をはじめるということでもあります。

最後の政の言葉。それが出来たとは思わないけれど……。