透明アクセル一覧

コネは、大切

透明アクセル3

3巻で完結。

仕事には、コネは大切と。

まぁ、その部分を育てるためにいろいろしているというのもあると思います。
苦手ですけどねぇ。

ドラゴン桜、エンゼルバンクに比べると、面白いウンチクは少なかったかな。
まあ、早い完結だったので、こんなもんか。


物語の構造

透明アクセル2

まあでも、パクれと言われなくても、無意識にストーリーの原型がはいってるい人が、ウケる監督なんだろうと思います。
宮崎 駿とかは、まさにそういう感じです。

あとは、努力して、物語のかたちを勉強していくしかない。三田 紀房は、意識して同じフォーマットの物語の上に、違うウンチクを載せていく。それでも、充分、それなりにおもしろかったりする。

多分、細かいところはいいのにイマイチな若い監督に足りないのは、そういうところ。


それぞれの道筋

エンゼルバンク12 ドラゴン桜外伝

今回は、マスコミに騙されるなという話ですが、どうやって騙すかという話は、広告代理店の「透明アクセル」でやっていた気が……。
商売は、裏も表も知っていないといけないのね。

まあ、目標と計画の違いもわかるのだけれど、その計画を考えるのが大変だから、目標が計画にすり替わっちゃうんですよねぇ。

失敗したときのことは、常に考えておかなければ。それが、セーフティネットというもんだ。


宣伝

透明アクセル1

「ドラゴン桜」の広告代理店版みたいなお話です。まあ、ビジネス話だから、「エンゼルバンク」か。だから、それなりにウンチクがあっておもしろい。この人、こんなのばっかりなんだ(笑)

売れる空気を作る。空気を作れば、ものは売れる。

多分、それは、本当だと思うのですが、その空気が問題だよなぁ……。と、あんまり空気が読めないわたしなんかは、思ってしまいます。
空気を作れは、考えさせるなと同じ意味だと思うからなぁ。正しい必要は、なにもない。

でも、それは、本当にいいのか?

売れることが、ビジネスマンの生き甲斐かな?誇りを持てる物を売っていくことに喜びを感じたいわけですよ。

まあ、地道にコツコツとは、前提条件で、その上で「空気」をという話なのは、重々承知の上で。

タブーだらけの世の中です。あぶない物には触れずに、おいしい情報だけを垂れ流して……と言っている気がする。まあ、

「今、おいしい情報だけではだめだ!」

というのも、空気なんだけど……。

なんかね、どこかに洗脳的な思想が入っている気がして、イヤなのかも。