講談社一覧

プリティ・リトル・ライアーズ

ドメスティックな彼女4

高校男子は、相手のこと何点考えないから止まらんわなぁと。

そして、なんで修羅場でそんな楽観的な観測を(笑)
それもなにも、本当のことをちゃんと妹ちゃんに伝えないのがダメだよねぇ。

次の巻は、妹ちゃんのターンかな。



桜の花が咲き乱れ

ツバサ15

もう一人の小狼にも、ちゃんと意志があって、目的がある。
そして、それが、お互いに真っ向から対立するものなのだとしたら?

いろいろおこっている対立は、その本当の対立のためのプロローグなのかも。


伝説は終わらない

修羅の門 第弐門18

第弐門、完結。
伝説は終わらない。

いや、終わらしておいてあげようよ。

そして、次の「修羅の刻」は、九十九パパの話ですね。これは、かっこよさそうだ。


適応

インフェクション6

多分、生き物としても、人間としても、大変正しいのだと思います。
適応するというのはこういうことなのでしょう。

わたしは、多分、ここまで生きていないと思いますが。