日向武史,読書あひるの空,リアル,日向 武史,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

あひるの空37

Netflixのアニメ版、見終わりました。
まあ、途中、ゾーンの表現とかでいろいろあったけど(笑)

しかし、なんというか原作通りに全然勝たずに終わりましたねぇ。
一勝の重さ。リアルだなぁと思います。

手に入らない物にそれでも手を伸ばす。そんな物語が、やっぱり好きです。

日向武史,読書あひるの空,マンガ,日向 武史,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

あひるの空36

Netflixで、アニメ版を見て、「あひるの空」読みてぇとなって、読み始めてます。
しかし、前巻読んだのは、7年ほど前です。
ものすごい試合の途中だし。なんで、ここで読むのをやめたのか……

でも、アニメでは、初めの方の話をしていて、マンガでは終盤なんですが、読んでいるとビックリするぐらいブレてなくて好きです。

読書,諫山創講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

進撃の巨人23

いきなりの4年後展開で、あれ、1巻とばして読んじゃったかなという感じが強かった。そんなことはなかったけれど。
4年後をこっちから先にかくというのは、なかなか、凄いお話の構成力だなぁと。

やはり、この人、天才やなぁ。

読書,諫山創諫山 創,講談社,講談社コミックス マガジン,進撃の巨人,3月のライオン

進撃の巨人22

アニメ版のシーズン2が始まって終わりました。
まあ、あんまりやって追いついても困るし良い選択か。最近のアニメは、そんな感じなのが多いですね。「3月のライオン」とかも。まあそうすることで、原作に追いついちゃって質の悪い引き延ばしやオリジナルストーリーがないというのはいいことです。

さて、そろそろ、お話をたたみに来た感じが強い。
そして、見えてきた未来が、けっこう辛い。

しかし、ここまで見据えて、今まで話を持ってきていたと思うと、この人凄い。

読書,諫山創諫山 創,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン,進撃の巨人

進撃の巨人21

正解なんてわからない選択の連続。
そういう話をかき続けられるというのは凄いです。

過去編。
ジークは、エレンの父親の息子。
あれ、ジークってどっかで聞いた名前の気が。獣の巨人?
すると、2人は兄弟?