読書,CLAMPツバサ,秘密,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ19

未来を変えるために。
サクラの無理の意味。ファイの秘密がだんだんあきらかになる19巻。

変えられない未来ならば、見える意味はない?
ならば、予言は当たらないためにある?

でも、未来をゆがめることで、さらにひどい未来を選び取ってしまうこともあるかもしれない。

日向武史,読書あひるの空,リアル,日向 武史,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

あひるの空37

Netflixのアニメ版、見終わりました。
まあ、途中、ゾーンの表現とかでいろいろあったけど(笑)

しかし、なんというか原作通りに全然勝たずに終わりましたねぇ。
一勝の重さ。リアルだなぁと思います。

手に入らない物にそれでも手を伸ばす。そんな物語が、やっぱり好きです。

読書,CLAMPツバサ,講談社,講談社コミックス,CLAMP

ツバサ18

なかなか、辛い展開です。
さくらと小狼。
特に、本体小狼は、はじめっからこうなりそうなことを変わっていた節があります。

「敵」の思惑も見えてきて、でも多分、CLAMPだから、悪いことをしていても、思いは純粋なんだろうなぁと……。

日向武史,読書あひるの空,マンガ,日向 武史,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

あひるの空36

Netflixで、アニメ版を見て、「あひるの空」読みてぇとなって、読み始めてます。
しかし、前巻読んだのは、7年ほど前です。
ものすごい試合の途中だし。なんで、ここで読むのをやめたのか……

でも、アニメでは、初めの方の話をしていて、マンガでは終盤なんですが、読んでいるとビックリするぐらいブレてなくて好きです。

川原正敏,読書,飛永宏之ふでかげ,修羅の門,修羅の門異伝,川原 正敏,講談社,講談社コミックス,飛永 宏之

ふでかげ5 修羅の門異伝

サッカーが一旦終わって、格闘マンガに。
そして、格闘マンガの運びは、うまいねぇ。どっちにも花持たせるというのが、フラストレーションはたまるけど、うまいわ。

1回負けたら終わり。次の試合ぐらいが、山場なのかな。