日向武史,読書あひるの空,リアル,日向 武史,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス マガジン

あひるの空37

Netflixのアニメ版、見終わりました。
まあ、途中、ゾーンの表現とかでいろいろあったけど(笑)

しかし、なんというか原作通りに全然勝たずに終わりましたねぇ。
一勝の重さ。リアルだなぁと思います。

手に入らない物にそれでも手を伸ばす。そんな物語が、やっぱり好きです。

押切蓮介,読書ゆうやみ特攻隊,シリウスKC,押切 蓮介,講談社

ゆうやみ特攻隊6

黒首島編、転換点かな。

辻の家族の因縁がいよいよあきらかになり、物語の終着点も隊長によって示されました。良い。
あとは、進むのみ。

武井宏之,読書シャーマンキング,ファウスト,マガジンエッジコミックス,武井 宏之,講談社,SHAMAN KING

SHAMAN KING-シャーマンキング-5 KC完結版

対ファウスト戦。
シャーマンの戦いというのは、精神力というのが良くわかる。
そして、そう考えると、やっぱり女将最高。

リミックストラックの良い表情のアンナも素敵です。

弐瓶勉,読書アフタヌーンコミックス,シドニアの騎士,マンガ,弐瓶 勉,講談社

シドニアの騎士3

過去編が挿入。
過去編で、あっているよねぇ。いや、あんまり話を知り開始切れていないので……。
むずい。この手のマンガは、読み返しがしにくい電子書籍ではなくて紙の本の方がいいかも。

わからないなりに、ちょっとおもしろくなってきたのがくやしい。

流石景,読書ドメスティックな彼女,流石 景,講談社,週刊少年マガジンコミックス

ドメスティックな彼女14

1人暮らし。
親は、あっさりゆるすけど……。1人暮らしをいい出した時点で、もう親の信頼、裏切りまくってることに気づいていない主人公。

そして、好きな人(本命)には正直言うというのは、作者がやっぱり女性だからだなぁと思います。
その方が、女の子からの信頼は得られるのね……浮気してても。怖い。