諫山 創一覧

生きた屍みたいだった俺達は

進撃の巨人27

この話が、ここまでわかりにくいのは、時間がいろいろ前後して飛ぶためですねぇ。
過去は黒枠とか、過去は登場人物が全然違うとかなら、まだ、わかりやすかったと思います。

それでも、はじめの数巻は、けっこうストレートに話が進んでいたので人気があったけど、今は、そうでもないのかな。
こっちの方が、断然おもしろいとは思うのですが、多分、ウケないなぁ。

それを考えると、流行の「鬼滅の刃」は、話が単純だなぁと思います。そして、そこがウケてるのかな。おもしろいと思うけど、爆発的なヒットになるほどかなぁ。


当主

進撃の巨人 Before the fall 15

そんな場合かといっても、争ってしまうのが人間。
本編では、大きな話がグイグイすすんでいきますが、こっちの細かい話も、けっこう楽しいです。


疾風みたいに逃げ出した

進撃の巨人26

物語のどんでん返しあったら、それで終わりってパターンも多いと思うのですが、この話はそれを「転」にもってこようとしている。
それに、読者の方がついて行けていない部分もあるのだけれど、すごいお話を読んでるなぁと思います。

そして、この先、誰でも死ぬよという怖い宣言です。


生き急ぐ

進撃の巨人 Before the fall 14

時代のせいかもしれませんが、キュロクとシャルルの生き急いでる感が半端ないなぁと。
そして、このマンガって、全滅エンドでないだろうなぁとちょっと心配しています。


深い闇を俺は抜け出した

進撃の巨人25

巨人大戦争。
もう、初期みたいな不気味さはなくて、なんというか、ものすごい兵器です。

そして、戦いに正義なんてない。または、どちらにも正義はある。
ここまで見事にひっくり返した上で、その先をかこうとしている作品って、少ないと思います。