評論社一覧

この訳者、本当にすばらしいのか?

「ダ」ったらダールだ! ロアルド・ダール コレクション 別巻2

内容どうこうよりも、訳が嫌いというか、いやでいやでたまらいな感じです。

同じコレクションに入っている他人の訳に対する敬意のなさ、無礼さは、たまらないです。
さすがに直接書いてなくても、それは、感じる。

何様だ?


まとめにはいった

ダールさんってどんな人? ロアルド・ダール コレクション 別巻1

ロアルド・ダール コレクションも、残すところあと別巻2冊のみとなりました。
別巻は、ダール以外の人が、ダールの紹介をしているみたいです。

この本によると、ダールは、けっこう気さくな人みたいです。
本当かなぁ(笑)

まあ、ダールの死後に書かれた本なので、この本の紹介を読んでダールが喜ぶか、怒り出すかは、わからない感じです。

しかし、マンガのような人生だ。


愉快な頑固者

一年中わくわくしてた ロアルド・ダール コレクション 20

「一年中わくわくしてた」は、なかなかいい題名だと思います。
まあ、原題がただの「My Year」なので、本当に、「わくわく」していたのかは、どうかわからないのですが(爆)
↑ 多少、訳者が嫌いなので、あまりほめたくない気分になっているだけです。気にしないでください。

ダールは、結局、終生変わらず、一貫して、愉快な頑固者だったみたいです。
それはそれで、素敵だと思います。


おもしろい?

まぜこぜシチュー ロアルド・ダール コレクション17

悪い方のダールだ。

というか、おもしろいのか?コレ?


訳しようがない

したかみ村の牧師さん ロアルド・ダール コレクション19

訳しようがない物語を、無理矢理訳すから、この人は重宝がられているのか?