角川書店一覧

再開

ファイブスター物語 トレーサー Ex.2

「花の詩女」に直接続いていくかんじのとレーサーです。

なんか、ふーねぇさまのイラストがのっているというのが、なんともすごいわ。CLAMPのデブレも、正統派という感じで好きです。


思い続けるパワー

ファイブスター物語 トレーサー Ex.1

「花の詩女」をこえて、バージョンアップされた「ファイブスター物語」ですが、これは、そのバージョンアップ前(かな)。

まあでも、「花の詩女 ゴティックメード」のお話自体は、はじめっから、「ファイブスター物語」のなかに、内包されていたのだなぁと読んでいるとわかります。

というか、「エルガイム」のときから、こんなことを思って、しかも、思い続けているというパワーが、すごいですよねぇ。


魔導大戦

ファイブスター物語 リブート7 THE MAJESTIC STAND 1

最近、ワスチャとアル・デイーンが、けっこう重なって見えるんですよねぇ。

そして、不可能に挑むボスやん、けっこう好きかも。デコースとかも、基本、パンクなところがカッコいいと思っています。
じゃーじゃー可愛い。


大四畳半の神話

四畳半神話体系

この人の本の題名から、おもしろそうだなぁと思っていて、表紙の絵とかのイメージで、女性作家かと思っていたのですが、男性のようです。
京大生のぐたぐたキャンパスライフとちょっと不思議ということで、「鴨川ホルモー」に似た印象ですが、最初読んだ感じ、あれほどぶっ飛んでいないし、惹かれる感じも弱いかなぁと。
あんまり、この主人公の性格とかが好きでないというのもあるのかもしれません。

と思っていたのですが、読み進めて、お話のループな感じの構造に気づくと、めっちゃおもしろいです。最終話で、いろんな謎がとけていくところも痛快でした。


わかり合えたと思える一瞬

終わりのないラブソング2

なんで、全然、別の人間同士に、わかり合えたと思えるような瞬間が訪れたりするのか。
これは、なかなか切ない。

そして、流されているところですら、そういうもんだよねと共感できたりします。